渡瀬マキの子供2人の名前!息子と娘の現在の年齢や学校や大学や職業について

歌手

歌手『LINDBERG(リンドバーグ)』のボーカルの渡瀬マキさんの子供は2人おり、息子と娘がいます。

子供の名前や現在の年齢。また学校や大学や職業などに就いて見ていきましょう。

ちなみに子供は2人とも音楽関係の仕事はしていないようです。

 

渡瀬マキの子供について


画像引用:ギターマン

渡瀬マキさんの子供は何人いるのか?

息子と娘の2人います。

1997年10月16日にリンドバーグのメンバーの平川達也さんと結婚し翌年妊娠します。

1999年に長男を出産し、2003年に長女を出産します。

ただ渡瀬マキさんの子供の名前や顔画像については非公表となっておりますが小さい頃の画像はありますので後ほど・・・。

 

渡瀬マキの息子について


画像引用:渡瀬マキのブログ

息子で長男の名前:非公表
生年月日:1999年11月6日生まれで、2024年05月28日現在の年齢は24歳
学歴:幼稚園年中から→公立小学校→中学、高校で大学まで卒業
職業:服飾関係の仕事。音楽関係の仕事ではない

渡瀬マキさんの息子は公立小学校から大学まで進学し卒業したと言われています。

そして息子が学生時代には「国の法律と門限をしっかり守ること、あとは生きて帰ってくればいい」と伝えて息子もしっかり守れていたそうです。


画像引用:渡瀬マキのブログ

息子が学生時代にはお弁当でもお祝いしたりしていたそうです。

現在、息子の職業は非公表ですが、自宅警備員でなければいいですね。

渡瀬マキさんがいうには服飾関係、アパレルの仕事がしたいと言っていたので今はアパレル店員デザイナーかもしれませんね。

 

息子を妊娠した時に子宮頸がんの病気疑惑


画像引用:ヨミドクター

渡瀬マキさんは息子が妊娠した時に産婦人科で「もしかすると子宮頸がんかもしれません」と言われたそうです。

子宮の一部を切除して検査を行い、臨月を迎えるまで結果が分からなくて妊娠中はとても不安な日々を過ごしていたようですが、最終的に『がんではない』といわれ安心したのですが、切迫流産と言われ入院し、子供の出産は大変だったそうです。

無事に子供が生まれてきてよかったです。

 

渡瀬マキの娘について


画像引用:渡瀬マキのブログ

娘で長女の名前:非

公表
生年月日:2003年8月26日生まれで、2024年05月28日現在の年齢は20歳
学歴:トキワ松学園小学校→中学→高校で現在大学生渡瀬マキさんの

娘は東京都目黒区にある私立の小学校で高校までエスカレーター式の学校に通っていたようですね。

ちなみにトキワ松学園出身の有名人レスリングの山本美憂さんと山本聖子さん姉妹と元バレーボールオリンピック選手の前田悦智子さんなどがいます。

娘の大学がどこか?調べてみましたがわかりませんでした。

ただ現在大学生の娘が突然思春期に入り、これまで当たり前にとてれいたスキンシップが取れなくなりショックを受けているようです。

ちなみに娘は渡瀬マキさん似の色白で美人だそうです。

成人の写真はありますが、顔が見れなくて残念です。


画像引用:渡瀬マキのインスタグラム

娘は幼稚園の時に『太鼓の達人』にハマリ、そのままドラムを始めたようで、軽音楽部でドラムもしていたようですが、今はしているか分からないようです。

娘の将来の仕事の夢は、『幼稚園の先生』『子供の心理学』などに興味があるようです。

 

子育てをするための一度解散


画像引用:リンドバーグ再結成

渡瀬マキさんは子育てのために2002年8月26日にリンドバーグは一度解散し、20008年や2009年に限定で再結成し2014年からはメンバー集合し活動しています。

なぜ一度解散したのかというと、息子が入院中にツアーで付き添うことができなくてライブ会場に向かう電車の中で夫に号泣しながら、

「私は母親なのに息子が一番辛い時にそばに居てあげられない。居たいのに何でそれができないんや!」と言い。

「これ以上自分の気持ちに逆らって生きていくのは無理や。歌を聴きに来た人にも、歌にも、息子にも失礼やし」

と決意しメンバーに解散をお願いしたそうです。

渡瀬マキさんは後に「十月十日育てた子供が出てきたら、私の全細胞が、全血液が、全感情が、このこ1人に向かうわけですよ。どっぷりとその中に身を置きたくなる。子供のそばにいたい。」と母親としてごく自然な気持ちになったそうです。

女性は出産すると子供を守るという機能が働くといいますしそのようになったのでしょう。

しかし渡瀬マキさんは子育てが落ち着きまた歌手として活動しますが、また病気に襲われます。

 

渡瀬マキの病気は機能性発声障害だった


画像引用:トレイン耳鼻科

渡瀬マキさんは2018年4月11日に『機能性発声障害』になり「だんだんと身体が弱っていき、いつも苦しくて、何も楽しめなくなった」「のどに違和感を感じ始め、会話も苦痛になり、しゃべろうとすると声がでない状態が続いた」と言っています。

それから治療し、2022年にはコンサートもできるくらい回復し今の元気で活躍中です。

ちなみに昔、頚椎椎間板ヘルニアにもなったこともありますし、これからも体に気をつけて元気の出る歌を歌ってほしいですね。

個人的には「今すぐKiss Me」や「BELIEVE IN LOVE」が好きです。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました