香山美子の子供は1人で息子は医者で聖路加国際病院の外科医だった!

女優

女優の香山美子さんの息子さんについて調べてみました!

 

香山美子と三条正人の子供・長男の息子は医者!

香山美子さんには、旦那の三條正人さんとの間に長男で息子が1人います。

しかし、名前の情報はありませんでした。

香山さんの夫で息子さんの父親でもある三條正人さんの葬儀で、香山さんの隣にいるのが息子さんではないかと思われます。息子さんと思われる方の画像がこちら!

両親に似て、端正な顔立ちの方ですね!
詳しい情報がないので、芸能界入りしている訳ではなさそうです。

一人息子でして香山美子さんが39歳の時に出産したそうです。

ということは香山美子の息子の誕生日は1984年ですので、2024年03月01日現在の年齢は39歳。です。

ちなみに勤務先は聖路加国際病院で外科医をしているとのこと。

 

香山美子さんについて

香山美子さんは、1944年1月1日生まれで、2024年03月01日現在の年齢は80歳。
東京都出身の女優で、父親は吉本興業の文芸部長だったそうです。
1961年から子役として芸能活動をされています。
過去には、レコードを出した事もあります!

【「月よりの使者」レコード画像】

子役時代からドラマや映画で活動し歌も出していた香山美子さん。
若い頃から綺麗ですね!

 

香山美子の旦那の三条正人について

香山さんは、1973年に結婚。

夫は、鶴岡雅義と東京ロマンチカ三條正人さん

鶴岡雅義と東京ロマンチカは、1965年から活動しているコーラスグループです。

鶴岡雅義と東京ロマンチカ

1968年から6年連続で<NHK紅白歌合戦>に出場しています!

シングル曲は、2011年に『涙を残して』を出したのが最後で、ここ数年、歌は出していません。

そして、三條正人さんは2017年10月5日に亡くなられました。

病名は、マントル細胞リンパ腫でした。

悪性リンパ腫のため、2017年10月5日に亡くなった、鶴岡雅義と東京ロマンチカのメインボーカル三條故正人さん(本名・渡辺正好=わたなべ・まさよし、享年74)の告別式が10日、東京都中野区の宝仙寺で営まれ、妻の女優香山美子(73)が目を潤ませながら喪主のあいさつを行った。

「こんなにたくさんの方にお見送りをいただき、私の夫は悔しいながらも最後のステージを飾ってくださったことに感謝していることと思います」。さらに「行き着くところまでたどり着いてしまいました。悔しい、悔しい無念の旅立ちでございました。本人が一番無念と思っていると思います。74歳、あまりにも早い旅立ちでした」と涙で声を詰まらせた。

また、入退院を繰り返したことを紹介し、病との闘いの日々に「あの人は本当にすごい。死の間際まで日常会話ができたんです。あっぱれでした」。続けて「三條正人は他に追従を許さない歌手だと思っています。あの独特の歌声、表現力。人がマネをできない歌手だと思っております。まだまだ歌っていただきたかった。あの声を聞きたかった。でも、もうかないません。あの人の姿、生の歌声、それは見ることも、聞くこともできない。でも歌は永遠に残ります。全国のあの人を愛した方に、それぞれの心の中で、また愛して歌をお楽しみいただけましたら、歌手三條正人は悔しいけれど、本望だと思います。74歳ですが、皆さまに支えられ、実が濃い人生を送れたと思います」とあいさつした。

出棺の際には、ヒット曲「小樽のひとよ」が流され、三條さんの歌声が響いていた。告別式には、女優土田早苗、錦野旦、山本みどりら約600人が参列した。

“病気発覚の経緯”“最期の日”についての香山美子さんのインタビューがありました!

ヒット曲「小樽のひとよ」などで知られるムード歌謡グループ「鶴岡雅義と東京ロマンチカ」。そのメインボーカルを務めた三條が息を引き取ったのは、10月5日早朝のことだった。
「病室に着くと意識はなかったんですが、時折、手を動かしたりしていました。ドラマだと、呼び掛けに応じたりしますが、現実にはなかった」 と言うのは、妻の香山。

「数年前から本人が“なんでこんなに浮腫(むく)んで痛いんだろう”って足の不調を訴えていました。病院を何軒かまわった末の昨年7月、足の神経がズタズタになる病気が見つかったのです」

病名は、好酸球性多発血管炎性肉芽腫症。白血球の一種が増加し、血管に炎症を起こすという難病指定されている病だ。ところが、昨年12月、その治療の過程で、もっと大きな病気が潜んでいることが判明した。それが悪性リンパ腫だった。 抗がん剤治療を行い、入退院を繰り返しながら、それでも毎月のようにライブ活動もこなす。「ステージで無様な姿を見せても、本人が納得するならばと、先月17日にも送り出しました。歌声はしっかりしていたそうですよ」 だが、その2日後、容体が悪化し、再入院。
月末には食事を飲みこむことが出来なくなったという。

香山さんの言葉から、最期の時まで仲が良かった事が伝わってきますね。
素敵なご夫婦だったのではないでしょうか。

 

香山美子の現在の活動について

夫である三條さんが亡くなってから一人になりましたが、80歳で輝き続ける香山美子さん、悲しみを乗り越えて、これからも健康に生きてほしいですね。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました