アグネスチャンの息子の大学や職業がスゴイ!幼児期の子育て方法は?

優秀な息子を育てた、アグネスチャンさんの教育方法とは?

 

アグネスチャンさんとは

1972年、代表曲の一つである「ひなげしの花」で、
日本での歌手デビューを果たす。高く澄んだ歌声と愛くるしいルックス、
たどたどしいが一生懸命日本語で歌う姿が受けて、
一躍人気アイドルとなった。日本ではその後も「草原の輝き」、
「小さな恋の物語」、「星に願いを」、「ポケットいっぱいの秘密」、
「愛の迷い子」、「恋人たちの午後」「白いくつ下は似合わない」、
香港における「The Circle Game」「香港香港」、
「雨中のカーネション」などヒット曲は多く、
台湾やアメリカ合衆国などでも音楽活動を行っている。
歌手としての活躍のほか、1998年には初代日本ユニセフ協会大使に就任。
2016年には、ユニセフ・アジア親善大使にするなど、
ボランティアやチャリティーなどを通じた社会奉仕や貧困や
平和についての発言でも知られている。
近年ではピンクリボン運動への参加や、香港浸会大学の客員教授や
ニュージーランドの高校の学園長などとしての教育活動も行っている。

若いころのアグネス・チャンさんの画像がこちら!

可愛い~♪
歌声も可愛いですよね!

結婚は?

スポンサードリンク

アグネスチャンさんは、
1986年に元マネージャーの金子力さん
(現所属事務所トマス・アンド・アグネス社長)と結婚しました!

当時は、結婚式でも取材をうけていたんですね!

子供は?

アグネス・チャンさんには、3人のお子さんがいます。

第一子

長男 

名前:金子和平さん
1986年に誕生(年齢:31歳
カナダで出産

第二子

次男 

名前:金子昇平さん
1989年に誕生(年齢:28歳)
アメリカで出産

第三子

三男 

名前:金子協平さん
1996年に誕生(年齢:21歳)
香港で出産

息子さんの画像がこちら!

スポンサードリンク

家族全員、国籍が違います!
国際色豊かですね!!

 息子の大学、職業は?

アグネスチャンさんの息子さんは、
3人ともスタンフォード大学に進学しています!
【スタンフォード大学とは】

スタンフォード大学(英語: Stanford University)とは、
アメリカ合衆国カリフォルニア州スタンフォードに本部を置く私立大学。
正式名称はリーランド・スタンフォード・ジュニア大学
Leland Stanford Junior University)。

校訓は「Die Luft der Freiheit weht(独:自由の風が吹く)」。
サンフランシスコから約60 km南東に位置し、
地理上も、歴史的にもシリコンバレーの中心に位置している。

スタンフォード大学は各種の大学ランキングで非常に高い評価を得ており、
例えば英タイムズ紙の2018年世界大学ランキングでは
オックスフォード大学、ケンブリッジ大学につぐ、
カリフォルニア工科大学(Caltech)と同率の世界第3位とされ
(5位以下にマサチューセッツ工科大学(MIT)、ハーバード大学)、
またQS Top Universitiesにおいては1位のMITに次ぐ
世界第2位にランキングされた。
(3位以下にハーバード、Caltech、ケンブリッジ、オックスフォードが続く)

現在スタンフォード研究所 (SRI) は、大学本部の管理下にはなく、
大学発のインキュベーションやベンチャー企業の支援を目的とした
独立した組織として運営されている。

優秀な息子さんのようです!
スタンフォード大学に入学させる為に、
アグネスチャンさんの意向で、
高校からアメリカの高校に通わせていたそうです。

職業に関しての情報は、残念ながらありませんでした。
長男の和平さんは、アグネスチャンさんと
講演会に出演することもあったとか。
優秀な3人の息子さんが、どんな仕事に就いているのか
気になりますね!

優秀な子供が育つ教育方法とは?

優秀な息子を育て上げた、アグネスチャンさんの教育方法とは、
一体どのようなものなのか、インタビューで教育方法について
答えているものがありました!

ーアグネスさんの言う教育ママの役割は、
子どもに勉強を押しつけることではないようですね。

アグネス・チャン氏(以下、アグネス) 
はい、私にとって“教育=勉強”とは限りません。教育というものは、
子どもの自己肯定感(=セルフエスティーム)を高めるところから
スタートすると考えています。他人は他人だし、自分は自分。
他人の人生を羨むこともなければ、他人を差別することもない。
これが教育のファーストステップで、できれば小学校就学前に
仕上げておくのが理想です。そこをさらに突き詰めると、
子どもが1~3歳のうちに、親がどれくらいの愛情を注いであげられるか
というのが課題になってきます。

――意外だったのは、お子さんたちが9歳くらいの段階で
性教育を施したというエピソードでした。その年齢で、
本当にアグネスさんの説明を理解できていたのでしょうか?

アグネス
イラストを使うなどして工夫すればわかってくれましたよ。
性教育をするのは、やがて子どもが思春期を自分自身で乗り越えるためです。
9歳くらいの子どもはまだ、親の話に興味を持って聞いてくれる年代ですからね。
私はホルモンの仕組みを、割と早めに教えることにしていました。

――子どもが高校生になるまではゲームと漫画を禁止していたそうですが、
その狙いはなんでしょうか。

アグネス ゲームに熱中する子どもは、脳の発達する部分と発達しない部分とで
バランスが悪くなると指摘されています。あと、ゲームのために
長時間ずっと座り続けるようなことは、子どもに丈夫な身体を
つくってもらううえで避けたかったのです。

高校生くらいになれば脳もかなり出来上がり、
悪影響を受けにくくなるのですが、私だって正直、
『キャンディークラッシュ』(スマホ用ゲーム)をプレーし
始めたら手を離せなくなるんですよ(笑)。
ゲームには、それくらいの中毒性や魔力があると思います。
大人の私がこうなんですから、これに若い子どもたちが対抗できますか。

これだけではなく、他にも「漫画禁止」などのルールがあったようです。

その教育のおかげで、スタンフォード大学への道が
開けたのかもしれません!

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)