ジュディオングは子供が欲しかったが年齢と病気が原因でできなかった

歌手

歌手のジュディオングさんの子供はいないです。

娘がいる噂もありましたがデマです。

ジュディオングさんは20代の頃に卵巣嚢腫という病気にかかり手術したことがあったそうで、36歳にも再手術したそうです。

その病気で妊娠しにくくなったこともあったのですが、

昔の俳優の元彼や元旦那の鈴木洋樹さんとの離婚理由も結果的に子供ができない原因につながっているようですので詳しく見ていきましょう。

 

ジュディオングの子供について


画像引用:ジュディオングの公式インスタグラム

ジュディオングさんに子供は何人いるのか?1人もいないです。

ジュディオングさんに娘がいる噂もありますがデマです。


画像引用:ジュディオングの元旦那さん

1992年に元商社マンで美術商をしていた旦那の鈴木洋樹さんと結婚。
1998年に6年の結婚生活で離婚。

元旦那の鈴木洋樹さんはヒロ・ヤマガタの日本代理権を握っており、年商数10億円あげていたそうです。

結婚当時のジュディオングさんの年齢は42歳で高齢出産のため、子供を妊娠→出産しなかったのかと思いましたが、調べてみるとそうではなかったようです。

ただジュディオングさんは「子供が欲しかった」と語っていたことがありました。

 

ジュディオングに子供がいない理由

調べていくと、ジュディオングさんに子供がいない理由は2つあります。

一つは元彼と旦那との離婚の原因になった理由ともう一つは昔の病気が原因と言われているようです。

 

理由①ジュディオングは仕事を引退しない


画像引用:ザ・テレビジョン

ジュディオングさんは20代後半の頃、俳優の寺尾聰さんと交際し、結婚まで秒読みというところまで来ていました。

しかし2人は結婚しなかった。

その結婚しなかった理由は元彼の寺尾聰さんが『結婚したら引退して家庭に入ってほしい』ということができなかったからだようです。


画像引用:ジュディオングの現在

ジュディオングさんは結婚しても自身の活動を一切止めることをしたくなかったようで、そのような価値観のズレから破局に至ったようです。

また元旦那との離婚理由も同じみたいです。

ちなみに寺尾聡さんは破局後、女優の星野眞弓さんと結婚し、3人の子供が生まれたそうです。

 

理由②ジュディオングは卵巣嚢腫の病気になっていた


画像引用:介護ポストセブン

もう一つの理由は卵巣嚢腫という病気で命の危機があったようです。

ジュディオングさんは20代のことから仕事に追われ、睡眠時間が少なく、ホルモンバランスが崩れて病気とわかってからも1年ほど薬で様子を見ていたのですが、それでも緊急手術しないといけない状態になりました。

『仕事が大事』で20代の頃に結婚の機会を逃して、36歳で再発し、卵巣嚢腫の手術で一部摘出しました。

ただ卵巣嚢腫の手術をしても妊娠し子供を出産することは可能です。

・卵巣嚢腫の再発の予防策
①低容量ピルで排卵を抑え卵巣にかかるストレスを防ぐ
②葉酸を多く含んだ緑黄色野菜でホルモンバランスを整える
③早く見つけるため婦人科の定期検診をする

あくまで予防ですが上記の内容があります。

ピルを飲むということは妊娠をしないようにすることと同じですし、ジュディオングさんも20代後半でそのような体になってしまったのは大変辛かったと思います。

ジュディオングさんは2024年06月23日現在の年齢は74歳で子供がいない後悔はあったものの、愛犬がおり、幸せに生活しているようです。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました