石井竜也の娘・サリーナが可愛いくてスタイル抜群?嫁のマリーザとの馴れ初めは?

米米CLUBのボーカル、石井竜也。

未だに衰えぬ歌声でファンを魅了しています。

そんな石井竜也ですが、可愛い娘がいるという噂です。
どんな娘さんなのか気になりますよね。

また、嫁との馴れ初めも気になります。

今回は、石井竜也の家族について調べていきます。

 

石井竜也の娘のサリーナが可愛い。

石井竜也には娘が一人います。名前は「サリーナ」です。

珍しい名前ですね。

サリーナというのはイタリアのサリーナ島が由来だそうで、命名は石井竜也さんだと言われていますね。

サリーナ島には二つの美しい山が並んでいるそうで、観光地としても人気なんだそうです。

スポンサードリンク

「いつまでも家族の間で素敵な存在でいてほしい」ということで、この名前を付けたと言われていますね。

素敵な由来です。でも少し変わった名前かも・・・?
それには理由がありました。

日本名らしくない名前なのは、サリーナがハーフだからかもしれません。

サリーナさんは、石井さんの現在の嫁であるマリーザさんとの間に生まれました。

母親のマリーザさんはカナダ人なので、日本人とカナダ人のハーフってことになりますね!

石井竜也の嫁のマリーザに関しては後程詳しく・・・

石井竜也の再婚相手がカナダ人のマリーザで、その間に生まれたのがサリーナです。

サリーナは2002年生まれだそうです。2018年には16歳になるんですね!

ちなみに、石井竜也とマリーザが結婚式を挙げたのは2004年。

ん?式を挙げる前にサリーナが生まれていたことになります。

石井さんが元嫁と離婚したのが2002年。ということは隠し子・・・?

なんだか計算が合いませんが、いろいろと事情があったのでしょう。

サリーナの通う学校

年齢からするとサリーナは現在中学生か高校生だと思われますが、
学校はどこに通っているのか気になりますね。

サリーナさんの通っている学校については、調べても出てきませんでした。

高校受験の時期が来ればもしかしたらわかるかも・・・?

有名人の子供ということで、いろいろ配慮して学校などは公表していないようですね。

噂ですが、こんな話は見つけることができました。

石井竜也さんが現在住んでいるのは東京都の港区だと言われていますので
おそらくこの周辺の中学校に通っていると思われます。

意外と普通校だったりする可能性もありますね。

石井竜也は授業参観に来たりするのでしょうか?!
もしいきなり石井竜也が学校に現れたらびっくりしますよね。

足が不自由なの?気になるサリーナの杖

サリーナに関して、気になる情報がありました。

杖を持っていたので、足が不自由なのでは?というものです。

実際にサリーナが杖を持っている写真がありました。

これは家族3人がそろった珍しいショットだそうです。

公の場での親子3ショットは極めてまれ。ハーフのサリーナさんは、鼻筋が通ったエキゾチックな美少女。

真ん中がサリーナです。本当にかわいいですね!将来はもっと美人になることでしょう。

しかし気になるのは杖の情報です。
手元を見ると確かに杖を持っていますね。

しかし、これには理由がありました。

そもそも3ショットの写真は、家族で「シルクドソレイユ」の公演に登場した日にとられたもの。

石井さんの恰好からもわかるように、これはおそらくサリーナさんの杖も衣装ですね。

サリーナの足が悪いわけではなく、杖はこの日の衣装だったようです。

スポンサードリンク

元気に歩いているところも目撃されているそうで、足に問題はないようです。安心しました!

娘の現在

さて、気になるサリーナの今ですが、なんとミュージカル女優を目指しているとのこと!

サリーナさんは、「東京インターナショナルプレイヤーズ」という外国人で構成された劇団に所属しているようです。

父親は歌手ですが、娘はミュージカル女優になりたいんですね。

父親譲りの声量などを持っているのか気になります!

実際に劇に出演しているサリーナの画像を見つけましたよ。

おお、舞台に上がった姿も可愛いですね!

サリーナは、可愛いだけでなくスタイルも抜群だそうですよ。

親子3ショットを披露した際の別の写真がこちら。

確かに!顔も小さく足もすらっと長いのがわかりますね。

この先、有名なミュージカル女優になるかもしれません。

将来が楽しみです。

石井竜也の現在の嫁

娘・サリーナの母親は、石井竜也の再婚相手であるマリーザです。

娘も可愛いですが、マリーザもかなりの美人です。

マリーザは、現在は石井竜也の事務所の社長をしているそうですよ。

また、女優のお仕事をすることもあるそうです。

女優の時は「石井・ハナ・マリーザ」という芸名で活動しているんやって!

ミドルネームを除いたものが本名なのかな?と思ったらマリーザの本名が判明していました。

「マリア・テレス・ハナ」ってのが本名なんやって!

「ハナ」も本名ということになります。

しかし、こんな美人とどうやって結婚したのか、馴れ初めなどが気になりますね。

まずは、マリーザの年齢について少しわかりました。

マリーザさんの年齢は、石井竜也の16歳年下らしいです。

結構年が離れている夫婦なんですね。

石井竜也とマリーザさんが結婚したのが2004年とされていますから、結婚当時は石井竜也が44歳、そしてマリーザさんが28歳ということになります。

若くてきれいなマリーザと、石井竜也はどうやって知り合ったのでしょうか。

調べてみると、マリーザは元は石井竜也のバックダンサーだったそうです!

マリーザさんはカナダ人で、米米CLUB解散後石井竜也ソロ活動時のバックダンサーを務めていました。

なるほど、一緒に仕事をしていたのですね。

しかし、当時石井竜也は結婚していましたから、交際は不倫ということになります。

前妻との離婚、そしてマリーザとの再婚は、少しややこしいことになっていたようです。

石井は96年に元客室乗務員の女性と結婚したが、02年12月に協議離婚。

03年12月に、石井のステージでダンサーを務めていたマリーザさんとの間に1歳の女児(サリーナさん)がいることが公となり、04年3月に再婚していた。

やはり前妻との離婚が成立していないときに、すでに娘が生まれています。

馴れ初めと言えるかわかりませんが、石井竜也が
マリーザと結婚しようと思ったきっかけが見つかりました。

マリーザさんと結婚したのは、マリーザさんに1歳の娘がいることを知ったことがきっかけだったそう。

この書き方だと、娘が生まれたことを後で知ったということでしょうか?

少し前にも不倫騒動があった石井竜也ですが、昔から女性にはだらしないところがあると言えるかもしれません・・・。

しかし、現在は妻のマリーザとはもちろん、娘とも幸せに暮らしていますから、家族を悲しませることのないようにしてほしいです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



1 Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)