山崎努の娘の山崎直子はどんな人?息子は半沢直樹に出演していたの?

俳優 山崎務さんのお子さんについて調べてみました!

 

山崎務さんとは?

俳優座養成所を経て、1959年に文学座に入団。
1963年、劇団雲結成に参加し、1975年の劇団雲分裂を機にフリーになる。
1960年、岡本喜八監督作品の『大学の山賊たち』で映画デビュー。

1963年、黒澤明監督作品の『天国と地獄』で誘拐犯・竹内銀次郎役を演じ、
一躍注目を浴びる。この年、前年のNHKドラマ『アラスカ物語』での
共演がきっかけで交際していた元・宝塚歌劇団星組の黛ひかる と結婚。
結婚の際、仲人を務めたのは交際のきっかけとなった『アラスカ物語』の
脚本を担当した石原慎太郎だった。

1965年、『赤ひげ』で佐八役を演じて以降、活躍の場を広げる。
1973年、『必殺仕置人』の念仏の鉄役に起用される。
本役は中村主水(演:藤田まこと)・棺桶の錠(演:沖雅也)と並び、
シリーズ屈指の人気キャラクターとなり、
続編である『新・必殺仕置人』にも出演した。
同じ役は二度と演じたくない」という本人のポリシーに対し、
「スタッフが必死に説得しての再登板となった

1977年、『八つ墓村』では、青白く無表情で頭に蝋燭を二本付けて、
日本刀と猟銃を手に次々と村人を殺害していく
殺人鬼・多治見要蔵役を演じ、強烈な印象を残し、作品も大ヒットとなった。

1984年の『お葬式』以降、伊丹十三監督作品には連続起用された。

「山崎務 死去」とも言われていますが、もちろんそんなことはなく
最近では、映画『無限の住人』に出演されていました。

【無限の住人】

無限の住人』(むげんのじゅうにん)は、
沙村広明による日本の漫画作品である。
『月刊アフタヌーン』(講談社)にて、
1993年6月から2012年12月まで連載された。作者のデビュー作で、
略称は「むげにん」である。1993年アフタヌーン四季賞にて四季大賞を
受賞した同名の読切作品が、単行本第1巻に「序幕」として収録されている。
江戸時代の日本を舞台としているが、奇抜な衣装を身にまとう人物や
独創的な武器が多数登場する。また、本作品の特徴として、
主人公が「血仙蟲(けっせんちゅう)」とよばれるものを体内に宿して
不老不死の肉体を持つという設定がある。
1997年に第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞し、
英語版が2000年にアイズナー賞最優秀国際作品部門を受賞している。

スポンサードリンク

いつまでも渋い役をしていて欲しいですね。

子供は?

山崎務さんのお子さんは、女優の山崎直子さん
宇宙飛行士の山崎直子さん同姓同名ですね!
山崎直子さんの画像は、こちら!

【出演していたCM「マルコメ」記者会見(左が山崎直子さん)】

スポンサードリンク

【プロフィール】

生年月日:1972年12月8日

東京都出身。玉川大学文学部出身。
父は俳優の山崎努、母は宝塚歌劇団卒業生の黛ひかる。
玉川大学在学中の1992年に篠山紀信撮影で『週刊朝日』の表紙を飾り、
以降モデルとして活動していたが、
1990年代中頃からは主に女優として活動している。

【主な出演作】

クロサギ 第5話(2005年、TBS)
狩矢警部シリーズ11「京都舞踊襲名殺人事件」(2012年、TBS月曜ゴールデン)
灰色の虹(2012年、テレビ朝日ドラマスペシャル
警視庁捜査一課9係 season7 第1話(2012年、テレビ朝日)

他にも、舞台・映画にも数多く出演されています。

親子でCM共演

【デジタルツーカー中国】

【キリンラガービール】

二人がビールグラスを傾けながら、家族の昔のエピソードから演劇論まで、
舞台人としての親子の絆を感じさせる和やかなCMに仕上がっている。

撮影は、休日午後、とある東京都内の飲食店。同じ俳優仲間として、
日ごろから近くにいる二人だが、意外にふたりだけで飲む機会は
あまり無かったという。台本なし、事前打ち合わせなしの“素”の
会話を展開する二人だが、そこはやはり血の繋がった親子だけに息ぴったり!

「パパ」、「直ちゃん」、と声をかけながら、オフの山崎努の素顔や、
娘の直子の小さいころの面白いエピソード、演劇論などや、
突然暴露された「ママ」の内緒話など、親と子の生の会話が続々と登場する。
「友達みたいな」という二人の仲の良さが伝わり、和やかな世界観がいっぱい。

良い親子関係で羨ましいですよね。

結婚は?

今年(2017年)で45歳になる山崎直子さん。
結婚に関する情報はありませんでした。
公表されていないだけかもしれませんね。

『半沢直樹』に出演

山崎務さんの息子さんがドラマ『半沢直樹』に出演しているという
噂がありますが、山崎さんには息子さんはいないようです。
出演していたのは、山崎直子さんでした。

山崎直子さんが演じたのは、
半沢の同期・近藤直弼(滝藤賢一)の妻・由紀子でした。

2014年 NHK BSプレミアム「そこをなんとか」以来、
活動情報はありませんでしたが、
女優は、続けているようです!

いつかまた、親子共演があるかもしれませんね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)