鈴木サチの子供はアレルギー?学校はどこ?子供服が可愛い!

鈴木サチの子供はアレルギー?学校はどこ?子供服について調べてみました。

 

鈴木サチの子供の名前や年齢

鈴木サチさんの子供の名前や年齢について調べてみました。

鈴木サチさんは2010年9月24日に第一子長女を出産し、2012年6月14日の第二子長男を出産しています。

子供さんの現在の年齢は娘さんは8、息子さんは6になりますね。

娘さんや息子さんの画像はインスタグラムで公開されていますが、名前についての情報は見当たりませんでした。

子供さんとの写真から、ほのぼのと幸せに満ち溢れた笑顔が素敵ですね。

 

鈴木サチの子供の学校はどこ?

鈴木サチさんの子供の学校について調べてみました。

スポンサードリンク

子供さんの学校について調べてみましたが、残念ながら学校についての情報は見当たりませんでした。

このような記事を見つけました。

娘、初めての小学校運動会。
お疲れ様でした。
1位おめでとう!!

すごかった!ビックリした!泣きそうだった!

娘さんは楽しく学校生活を過ごしているようです。

2人の子供さんから『ほっぺにチュー』の写真は母親になった喜びに満ちた素敵な笑顔ですね。

 

娘が卵アレルギーで息子は大丈夫

鈴木サチさんの娘さんが卵アレルギーについて調べてみました。

鈴木サチさんの娘さんが卵アレルギーらしいです。

息子さんは卵アレルギーはないそうです。

ハーフのようなカワイイ顔の娘さんが卵アレルギーとはかわいそうですね。

 

娘が卵アレルギーだとわかった時の母の気持ち

鈴木サチさんの娘さんが卵アレルギーとわかった時の母の気持ちについて調べてみました。

娘さんが卵アレルギーとわかった時はさぞかし驚いたことと思います。

娘は卵アレルギーがあります。

私も旦那さんも息子も
食物のアレルギーは特にありません。

卵は家では全く使っていません。

卵を使った食品もほとんどありません。

買い物をする時は必ず表示を見るようにしています。

初めの頃は私も知識があまりなく知らずに卵が入ってるものを食べさせてしまった事もありました。

湿疹がでたりひどい時は嘔吐をしたりすることがありましたが、しばらくするとすぐによくなり、それほど、重症になる事はありませんでした。

このコメントからは卵アレルギーである事わかりますが、重症化はしていないようです。

しかし、女の子の顔に湿疹が出るとかわいそうですね。

 

娘が卵アレルギーだとわかった時の対策方法

鈴木サチさんの娘さんが卵アレルギーだとわかった時、対策方法について調べてみました。

娘さんの卵アレルギーがわかった時の対策方法はどうしたのでしょうか?

このような記事を見つけました。

初めての事でかなりビックリしましたが、たまたま母の家にいて一人じゃなkったので慌てる事なく行動できた事、一番近くにあった病院が大きい病院で23時まで小児科がやっていた事、先生が親切かつ迅速に対応してくれた事。

いろんな事が不幸中の幸いで、大事に至る事なくすみました。

今までは小児科でしていた血液検査でしたが、今回の事もあり近々アレルギー科をキチンと受診したいと思います!
娘には辛い思いをさせてしまい、母として本当に反省しています。
今後はより一層子ども達が口にする物は注意して行きたいと思います。

アレルギーは怖いですから、しっかりとした検査を受けて、何のアレルギーかを確認して向き合っていくことが大切ですね。

ともわれ、大事にならなくて良かったです。

 

鈴木サチが着せる娘&息子の子供服がカワイイ!

鈴木サチさんの娘&息子の子供服について調べてみました。

鈴木サチさんが運営している子供服のネットショップBiluceの服を着せているようです。

しかもイタリアに買い付けにリサーチしたというから凄いです。

今年の6月、買い付けのために家族で1カ月間イタリアに滞在したのも、2年前からの計画です。

長期間になるので2年かけて仕事やその他のことを調整し、旅費や滞在費もなるべく安くすむよう、とことん調べて早めに予約。

経費削減のため、金銭面もしっかり2年かけて準備しました。『イタリアに1カ月なんてセレブ!』『やっぱりモデルさんだからね』などと言われるけれど、そんな大金ポーンと出せません(笑)。

貯金のために実際は節約の日々です。

モデルだからといって華やかな生活をしているわけではなく、仕事が終わればそのまま保育園へ子どもたちを迎えに行き、自転車に2人を乗せてスーパ-へ行き、店内を走り回る子どもたちを大声で注意して、家に帰ったらごはん作って、お風呂に入れて……と、いたってごくふつうの日々を送っていますから」

いくら節約しても、家族で1ヶ月間もイタリアに滞在できるなんて、羨ましいですね。

さすがはviviモデルだった鈴木サチさん、子供服にもこだわりが感じられます。

 

鈴木サチさんが思うノンストレスになる「育児方法術」

鈴木サチさんが思うノンストレスになる育児方術について調べてみました。

「いくつかのことを同時進行でするほうが、1点集中より効率的に動ける」とおっしゃっていたサチさんですが、それは育児に対しても同じだと考えています。

「たとえばピラティスの勉強に集中したいときは、あえてナチュラルフード・コーディネーターの勉強もするというように、いくつかのことを同時に進めます。

両方でうまく気分転換をしながら集中力を高めていく感じです。

ひとつのことで達成感を得られると、それがもうひとつにもいい影響を与えるし、自信がつくと、もっともっと頑張ろうと思えるから。

子育ても同じで、ひとつのことばかりではしんどくなるし、いつかはイヤになってしまうかもしれない。

だからもし育児に悩んでいたり自信をなくしていたら、ママ自身の目標を持って動き始めると、自然と育児もいいサイクルにはまってくるかもしれませんよ!」

育児サイクルをつかむまではたいへんだとは思いますが、鈴木サチさんのノンストレスになる育児方法術はひとつの参考になると思います。

2人の育児しながらも、ママとしてだけではなく、色んなことに挑戦してるすがたはとても素晴らしい事だと思います。

「自分が立てた計画通りに一歩一歩進めていけたら、結果はちゃんとついてくるといます。

大きな最終目標のなかに、小さな目標をいくつか設定するのもおすすめ。そこをクリアするごとに自信をつけていけるので、必ずゴールに到達できます。

ママだって自分の世界を持っていいのだから、堂々とやりたいことを見つけてほしいですね!」

このように、前向きに過ごしているのがパワフルで素敵ですね。

 

育児方法①「初めての出産は長丁場。のりこえた達成感が母としての強さに」

鈴木サチさんの初めての出産は長丁場だったようで、想像以上の陣痛でなかなかスムーズな出産ではなかったようです。

「出産した前々日の夜中から陣痛が始まり、その数時間後の明け方に病院へ行きました。

そのときは陣痛の波が不規則だったし、出産までは時間がかかると先生に言われたのですが、ちょうど台風が近づいていて家に帰るのも危ないので、病院で過ごすことになったんです。

だんなさんと母、姉の3人が寝ずに付き添ってくれるなか時間だけが過ぎていき、ついに夜に。みんなヘロヘロ状態だったので、体力回復のためいったん夜9時くらいに家に帰ってもらいました」

スポンサードリンク

その後、サチさんひとりになってから陣痛はだんだん激しく。でも「呼び出して、また出産まで待たせるのは申し訳ない」と、数時間は連絡せず痛みに耐えたそう。

夜中の1時ごろ、陣痛をこらえるために握ったベッドの柵が、ガタガタと音を立てて揺れるくらいになったところで「いよいよだから!」とご主人に電話。

3時くらいには陣痛が本格的になったものの、子宮口が10㎝開くまでには、そこからまた5~6時間かかったとか。

この記事を読んだだけでも、家族に見守られての幸せな出産ですね。

そして、出産を経験して、ママになった鈴木サチさんのコメントを見つけました。

出産は怖いし、いくら心強いアドバイスを受けても、やっぱり不安になるものです。

私も分娩中はあまりに痛すぎて笑ってしまったくらいだったし、もう無理って何度も思いました。

でもそれって修行のような感じで、終わったあとの達成感はすごい! 今まで感じたことのない痛みの先には、それ以上の充足感があって、それを経験することで、母として人としてひと回りもふた回りも大きくなれる。

これから出産をひかえているプレママさんたちも必要以上に怖がらず、お産を楽しむくらいの気持ちでいてほしいですね。

出産とは、案ずるより産むが易し」の言葉がピッタリとあてはまります。

ともわれ、母子ともに健康で良かったです。

 

育児方法②「育児も仕事もうまくいかない!悔しくて悲しくて大声で泣いた日」

育児ブルーになったようで、その時の様子を調べてみました。

こんなコメントを見つけました。

下の子がすぐに生まれたのも、上の子に手がかからなかったからだと思うくらい、初めての子育てはラクでした。

病院に駆け込んだことは何回もありましたけど、つらさはなかったんですね。

でも2人目が生まれてからは、本当に大変。家事も育児もほぼ100%ひとりでしていて、朝起きたら息をつく間もなく心身ともにフル回転。

保育園へ子どもたちを送り、仕事をしてまた保育園へダッシュ。

『あっ、もう夕方……』という、そんな毎日でした。

2人の育児になると、1日が気がつけば夕方なんていうのは育児してるママたちは、みんな経験してますね。

下の子が2才のイヤイヤ期に病院のプレイルームで「帰らない!」の連発でママの気持ちに余裕がなく、やっと子供2人をベビーカーに乗せての帰り道で「もうダメ・・・」となり、近所の大きな公園へ向かったそうです。

そして、このような行動に出てしまったそうです。

誰もいないグランドについたとたん『ママは走るから!』と言ってダッシュ!(笑)。

母親がわけもわからず走っているものだから、子どもたちは必死に『待って!待って!』と追いかけてくるのですが、くやしさと、悲しさと、イライラと、いろんな気持ちを吹っ飛ばすように走りまくりました。

そしてさんざん走ったあげく、グランドに大の字になって『ワーッ!』と声をあげて大泣き。

その日までずっとつらくて、でもどうしていいのかわからなくて……。

いろいろな気持ちがこみ上げてきて、いったん泣いたら涙が止まらなくなってしまいました。

気持ちの整理も全然できず、無意識のうちにだんなさんに泣きながら電話。

明らかにいつもと違う様子だと気づいて、すぐに私たち3人を迎えに来てくれました。

だんなさんに連れられるようにトボトボ歩いているときも、家に帰ってからも、その日はずっと泣いていましたね。

育児中のママならみんな同じような思いを経験していることではないでしょうか?

それにしても、かなりのプレッシャーを感じていたのだと思います。

 

育児方法③「育児オンリーじゃキツくなるのは当然。ママ自身の夢や目標があると、自然と自分の時間も生まれます」

ママになって育児と仕事の両立はどういうふうにしているのかを調べてみました。

「よく『どうしてそんなにパワフルに動けるの?』『資格をとるための勉強って、いつしているの?』と聞かれるけれど、もともと私は常に動いているほうがラクで、いくつかのことを同時進行で取り組んだ方がうまくいくタイプ。

ほぼ毎日仕事などで外出していますが、1カ月に1日、どこへも行かず家事だけをする日を作っているんですね。

でも気づいたら携帯を持ってソファに座ったまま時間だけが過ぎていて、結局何もできていなかったりする(笑)。

仕事がある日のほうが洗濯機を3度回せたり、家事も育児もしっかりできるんです」

動いている方がいいなんて、パワフルなママですね。

1日を大切にしている素敵なママです。

サチさんの1日はおおまかに、①育児&家事の時間、②モデルの仕事やピラティスのレッスンなどの時間、③セルフメンテナンスや勉強などの自分時間に分けられます。

サチさんはこの③の時間をこんなふうに生み出しています。

「私はいつも逆算して予定を組みます。

たとえば朝の7時から雑誌の撮影があるとして、家を出る時間までに朝食づくりと掃除と、あと洗濯物は洗って乾燥機にかけるところまでいきたいとなると、3時半~4時には起きなきゃいけない。

ということは、前日は夜9時か10時には子どもと寝て、そのためには夜ご飯を何時に食べて……。と目標地点に向かって逆算していきます」

やらなきゃいけないことを柱にし、それに沿って育児や家事の時間を決める仕組み。自分の行動をタイムスケジュール化することで、ムダな時間も省けるのだそう。

「それを1日(24時間)単位だけじゃなく、1週間単位でも組み立てます。その週の子どもの予定とか、仕事などしなきゃいけないことを優先して組み入れていくと、おのずと『この曜日のここはあいているな』『この日は勉強したいから、朝、子どもたちが起きる前に時間を作ろう』と、自分のための時間が見えてくるんです」

家族優先の為に、1日が予定通りに上手くいかないこともたくさんあると思いますが、キチンと調整しているようです。

 

育児方法④「家族の中心はやっぱりママ。何よりもママが笑っているのが一番大切!」

ママが笑顔でいられるようにどのようにしているのかを調べてみました。

2009年に結婚して、2人の子供に恵まれて4人家族になり、みんなママが経験している育児や家事をほとんど1人で頑張ってきて、ご主人に対してのストレスもさぞかし多くあったはずです。

「子どもを産んだ女性は、それまでよりも精神的に強くなるし、強くならざるを得ない。産後は育児・家事をひとりで抱え、『なんで私ばっかり?』と腑に落ちない気持ちがずっとありました。

『ママがパパを育てましょう』という話を聞けば、どうしてだんなさんを持ち上げてまで、育児をやってもらわなきゃいけないの、って思いますし(笑)。

ただ、だんなさんの育児や家事の仕方にイライラするのはあたりまえ、仕方のないことだって最近は思います。

とくに性別の違いは大きくて、男の人は同時に複数のことができないんですよね。

朝ごはんを作りながら今日の段取りを頭の中で整理し、同時に子どもの様子に注意を払うことはできない。

やらないのではなくできないのだから、無理に押し付けようとは思わないけれど、それができている人がいるってことは、わかってほしいですね(笑)」

やはり、家族の協力があって、ママが笑顔でいられるんですよね。

時にはいっぱい泣いたりしたり、色んな事を乗り越えたからこその今の笑顔ですね。

「以前は『母親の私がすべてしなきゃ』と頑張ってきたけれど、家族は固定概念にとらわれすぎなくてもいいのかな、と今は感じています。

ママは家族の中心だし、ママが笑っていないと、子どもは楽しくないですしね。

私は外で動いているのが好きで、だんなさんは家事をちゃんとやらせたら実はすごかった。

料理も上手で、今では子どもたちの胃袋をがっちりつかんでいますし、育児にも協力的。向き・不向きは絶対にあるから、頭から決めてしまわず、状況によって分担を変えてもいいのかもしれませんね。

夫婦って好き同士で結婚しても、いつかは『ラブラブ』な部分は消えていく。

でもきっと、そのラブラブをいかに『尊敬』に変えていけるかが大事で、それが家族なのかなって思います」

鈴木サチさんも同様に、完璧なママはいないわけで、失敗しながらの子育ての方が人間らしく、1番大切な家族の為に笑顔で過ごすことができるなんて素晴らしいことだと思います。

これからも笑顔の鈴木サチさんのご活躍を期待したいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)