飯田圭織の第一子で長男の急死の病気は慢性腎不全だった?

今回は、飯田圭織さんについて、ご紹介したいと思います。

 

飯田圭織の長男の急死の病気は慢性腎不全だった?

どんなお子さんなのでしょうか?

子供に降りかかった病気は「慢性腎不全」

飯田圭織は、2008年1月22日に一人目の子供を生みますが、病気が見つかりました。
この一人目の子供に降りかかった病気は「慢性腎不全」という病気です。。。

この病気のため、飯田圭織の一人目の子供はわずか6か月で亡くなってしまいました。
一人目の子供が亡くなった時、飯田圭織の悲しみは相当なものだったと思います!
ですが、芯の強い素晴らしい女性なのでしょうね!
しばらくして、飯田圭織は芸能活動を頑張ってしていました。

初めはできちゃった結婚した飯田圭織さんでしたが、
子供が生まれてからは仕事をセーブするなど献身的に育児にあたり、
優しくて温かいママぶりを見せていました。
しかし生まれて来てくれた息子さんはたった6ヶ月で彼女の元を去ってしまうのです。
死因は慢性腎不全でした。

飯田圭織さんは言葉で言い表せないくらい落ち込みましたが、
息子さんが亡くなった後も芸能活動を頑張っていたのです。

子供を追い詰めた「慢性腎不全」とは?

「慢性腎不全」とはどんな病気かというと、

慢性(数「慢性腎不全」カ月~数年かけて)に進行する腎臓の病気によって、
徐々に腎機能の低下が進行する病態(状態)です。

スポンサードリンク

大人の治療法としては、薬物療法、安静、食事療法で肝臓の負担を減らせるのですが、
まだ、産まれたばかりの飯田圭織の赤ちゃんには、
こういう治療をすることも難しかったと思われます。

生まれたばかりの赤ちゃんに、薬物療法、安静、食事療法で肝臓の負担を減らす、
という治療法をするなんて無理に決まっています。
やれることがない、やってあげられることがないという状況に、
飯田圭織さんはどれだけ辛い想いをしたのか・・・。

慢性腎不全になった理由を有吉反省会で告白

いろんな説がありますが、原因はなんだったのでしょうか?

息子が生きた6カ月は、ほとんどが闘病生活だった

今年1月22日に長男を出産。
だが息子が生きた6カ月は、ほとんどが闘病生活。
生まれた時から腎臓に疾患があり入院治療が続いた。
新米ママの飯田は、毎日病院に通った。
回復への思いが通じ、4月には無事退院。その後も順調に育っていた。
だが7月27日の朝、息子の様子が急変。すぐに病院へ駆け込んだものの、
そのまま息子は、短い人生に幕を閉じた。

一度は回復に向かった飯田圭織さんの長男でしたが、
無事に退院した後、容態が急変し、すぐに病院へ駆け込んだけれども、
そのまま、短い生涯の幕を閉じることになります。

長男の死は「伝説のバスツアーの呪い」という噂も

あまりの悲しみに飯田さんはその後2ヶ月ほどは何も手につかなったそうですが、
その後夫のケンジさんや周囲の人の支えもあり徐々に立ち直っていったそうです。

長男の納骨を終えた頃には「明るく生きていくのが息子にとって1番の供養」、
と前向きに考えらるようになり、翌年1月のハロプロコンサートで復帰。

「息子のためにも頑張って生きていきたい」と、活動を再開しています。

スポンサードリンク

また、例の伝説のバスツアーで妊娠を報告しファンを失望させていたことから、
この飯田さんの長男の死は「伝説のバスツアーの呪い」とまで囁かれるようになりました。

この「伝説のバスツアーの呪い」というのが、どういう意味なのか、ご紹介しておきます。

漫画にもなってます。

冒頭でも少し触れていますが、飯田圭織さんはできちゃった結婚をしています。
そのことを発表したのが、飯田圭織さんのファンが集まるバスツアーの前日だったのです。
ファンにとってバスツアーは飯田圭織さんに直接会える数少ないチャンスです。
「所詮ファンなんだから・・・」と分かってはいるものの、なけなしのお金を出して、
期待を膨らませていたところに、突然の結婚&妊娠の発表となりました。
多くのファンが動揺し、
「ファンのことを考えるのであれば、バスツアーの前日は避けるべきではなかったのか?」
と悲しい気持ちを吐露しています。
個人的には人の死とこういうことを交えて話をするのはナンセンスと思いますが、
飯田圭織さんの関係者がとった行動にも問題があったように思います。
後に、この事件が子供の死に関係しているのではないかと噂になり、
「バスツアーの呪い」と呼ばれるようになりました。

悲しみ乗り越えて2人目の子供妊娠していた!

飯田圭織さんの子供は何人いるのかというと、
飯田圭織さんは悲しみを乗り越えて2人目の息子さんを出産されているんです!!

2人目の子供授かった事を報告!

元「モーニング娘。」のタレント・飯田圭織(31)が妊娠し、
来年春出産予定であることが25日、分かった。自身のブログで明らかにした。

飯田は「この度赤ちゃんを授かりました。今は安定期に入っており、
来年春に出産予定です!」と報告。「体調のすぐれない日々が続いていましたが。。。
今はとても元気で、最近はお腹の中で元気に『ポコンポコン』と動く小さな胎動を感じ、
我が子をとても愛おしく想い毎日の成長がとても楽しみです」、
とママになる実感をつづっている。

性別は長男に引き続き、また男の子だったそうです。

しかし2人目の子供にも病気が発覚

2014年8月29日

1歳の息子が無菌性髄膜炎で入院していたことを明かした飯田圭織

愛息は20日の朝から2度嘔吐するなど体調が悪化。
小児科に連れていくと胃腸炎と診断された。
しかし、帰宅後、「昼過ぎまでに10回くらいも嘔吐」し、大学病院へ。
そこでも胃腸炎との診断を受けたが、嘔吐が頻繁なことから、脱水症状を懸念し、
数日入院することになったという。

しかし、4日経っても40度以上の高熱が続いたため、さらに多くの検査を受けたところ、
「無菌性髄膜炎という病気である事がわかりました」と伝えた。

飯田は、「息子の場合はウイルス性の髄膜炎で比較的軽い髄膜炎だと言われていますが、
いつもの元気はまったくなく、食欲のない息子を見ていると本当に胸が痛くて…」
とつらい母の心情を吐露。「高熱と嘔吐、痛い検査で毎日ずーっと泣いていたので、
検査以外の時間はほとんどずっと抱っこをして泊まり込みで看病をしていました。」
と明かした。

2人目の息子がまた病気になるなんて、飯田圭織さんは過去に何かしでかしているのでしょうか?!
そしてまたこれを乗り越えた飯田圭織さんはなんて気丈な女性なのか、と感心してしまいます。

その後、無事に子供は治って退院できたそうで良かったです!!

2人目の息子さんは無事に退院されたとのこと、本当になによりです。
名前はまだ公開されていませんが、今後幼稚園に行くなど、楽しみがいっぱいになりましたね♡

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)