八千草薫の子供がいない真相!26歳で夫に谷口千吉と結婚し生涯を共にする

女優

宝塚歌劇団時代にみんなの憧れだった娘役で名女優の八千草薫さんは2019年10月24日にすい臓がんにより88歳でなくなりました。

そんな八千草薫さんの子供がいない真相について見ていきましょう。

 

八千草薫の子供がいない真相!


画像出典:映画ドットコム

八千草薫さんは生涯、1人の男性と愛しましたが、子供はいませんでした

1957年7月に19歳年上の映画監督の谷口千吉さんと結婚。

結婚当時の八千草薫さんの年齢は26歳、夫は45歳。

年齢的に子供を妊娠し、出産できたのですが、実は夫の体質によって子供ができにくなったそうです。

 

マラリアで子供ができにくくなった


画像出典:産経新聞

夫婦仲はとても良かったそうなのですが、監督がマラリアにかかったことがあったそうで、それが原因で子供ができにくかったそうです。

ただ、子供はいませんでしたが、犬やメダカを2人で育てたり、一緒に登山をしたりと、夫婦水入らずの時間を大切に過ごされていたようです。

いろんな夫婦の形がありますから、子供はいなくても2人で幸せに生活できていればいいですよね。

 

八千草薫の夫の谷口千吉は3度目の結婚だった


画像出典:日刊スポーツ

八千草薫さんは26歳の時に結婚しましたが、初婚です。

しかし夫の谷口千吉さんは3度目の結婚で、八千草さんはこの結婚について母親や周囲に猛反対されたのですが、反対を押し切って結婚します。

夫の谷口千吉さんの3度の結婚を時系列でまとめました↓

  • 1938年12月:脚本家の水木洋子さんと結婚
  • 1939年:スピード離婚
  • 1949年:女優の若山セツ子さんと結婚
  • 1956年:離婚
  • 1957年:八千草薫さんと結婚

このようになっています。

 

2人の馴れ初めについて

1956年に『乱菊物語』で2人で出会い結婚したのですが、なんでも八千草薫さんのベタ惚れだったと語っています。

「それまで、監督は偉い人だからと緊張し、ほぼ話はできなかった。でも、主人のときは、本当に楽しくてね。

現場はユーモラスな会話が飛び交い、いつも笑っていた。主人は話し上手で明るい人。私のファンの方も、主人と話すと彼のファンになってしまう。」

かなりベタ惚れなことがわかりますね。

夫になる谷口さんからは一度、手紙で別れを切り出されたものの、会って話してみると「別れられなかった」と後に語っています。


画像出典:ピンタレスト

ただ当時の八千草薫さんは美貌と清純なイメージから「お嫁さんにしたい有名人」の常連だったのですが、不倫略奪婚と言われ、結婚後は1年ほど干されて「女優をやめよう」と思ったそうですが、その後復帰されます。


 

バツ2になった離婚理由は女性問題

過去に2度の離婚をしている夫は女性問題で離婚しているようです。

2度目に結婚した若山セツ子さんとの馴れ初めは1949年には初監督作品の『銀嶺の果て』の撮影現場で知り合い、交際し結婚しました。

しかしその後に1956年に『乱菊物語』の撮影で知り合った八千草薫さんと結婚しているのにも関わらず不適切な関係になり離婚に至ったようです。

あくまで噂ですが、八千草さんが、毎晩、奥さんに電話をかけては攻撃し、奥さんを精神的に追い詰めていったと言われています。

そうして夫に捨てられた形になった若山さんはそのことで精神が不安定になり、一時期女優を引退しました。

そんな女性問題を多く抱えた夫で、また同じことを繰り返すのではないかと世間に思われていたそうですが、2007年10月29日に95歳の時に谷口千吉さんが肺炎で亡くなるまで八千草薫さんと生涯を共に過ごしました。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました