岩下志麻の子供の娘は慶應出身で医者?それとも電通社員なの?名前や画像は?

岩下志麻さんと言えば、「極道の妻たち」で一世を風靡した大女優さんですよね。

78歳を迎えられても美貌が衰えませんが、子供の名前や画像。実は娘さんが慶應出身で医者ではという噂、また電通の社員なのか?との噂があるようです。

その噂の真実や旦那・篠田正浩さんとの馴れ初めや結婚生活についても調べてみました。

 

岩下志麻の娘は慶應出身で医者?それとも電通社員なの?

岩下志麻の娘は慶應出身で医者?それとも電通社員なの?について調べてみました。

岩下志麻さんの娘さんは慶應中等部から慶應高校へ進学しています。

慶應高校では、なんと主席で卒業されたという噂があるそうです。

その後、慶應大学の医学部ではなく、経済学部に進学して、卒業されています。

慶應大学へ進学されるなんて、頭脳明晰なんですね。

スポンサードリンク

そして、慶應大学を卒業後、大手の広告代理店の電通に就職されたようです。

医者では?という噂は、慶應高校を主席で卒業されたからかもしれません。

もしくは、岩下志麻さんが精神科医を志していたらしく、そのようなことから医者ではないかという噂が出たようですね。

 

岩下志麻の娘の名前や画像は?

岩下志麻の娘の名前や画像は?について調べてみました。

岩下志麻さんの娘さんの名前や画像についてですが、調べてみましたが、情報がなく、残念ながら見つかりませんでした。

ただ、岩下志麻さんは1973年6月に、長女を授かっているということなので、娘さんは2019年に46歳になられますね。

また、結婚されていて、2019年には15歳と12歳になる子供さんが2人おられるようです。

岩下志麻さんはお孫さんが2人おられるということになりますね。

 

岩下志麻の旦那・篠田正浩さんとの馴れ初めや結婚生活は?

岩下志麻の旦那・篠田正浩さんとの馴れ初めや結婚生活は?について調べてみました。

岩下志麻さんと旦那・篠田正浩さんとの馴れ初めについてですが、篠田正浩さんが監督した映画『暗殺』で、共演したのが2人の出会いになります。

映画の打ち上げで東京・赤坂のナイトクラブにて、その打ち上げで岩下志麻さんは、10歳年上の篠田正浩さんを見て「この人と結婚する!」と予感したそうです。

「ビビッ」と結婚する直感があったんでしょね。

そして、大胆にも篠田正浩さんに「私、監督と結婚するような気がします」と言ったそうなのです。

もちろん、突然の告白に篠田正浩さんは唖然となったようです。

 

その後の篠田正浩さんの結婚する条件があまりにも有名です。

「僕は女優岩下志麻を奥さんにもらったのだから、君は家事・育児を一切やらなくていい」と、言い切ったと言います。

これは、凄い落とし文句ですよね。

しかし、周りからの反対は凄まじかったようです。

女優が今でいうアイドルに近い人気商売だった時代、しかも当時はまだ「女性は結婚したら家庭に入る」という固定観念もあった。
そうした中でトップ女優が結婚してしまうことに、岩下が所属していた松竹は慌てたという。

「私をこれから売り出そうという時でしたから。
当時は今と違いまして、結婚したら女優は引退して家に入ることになっていました。
今は結婚して子どもを三人ぐらい産んでもまた主演できるじゃないですか。
当時では考えられない。
ですから、本当に反対が多くて。

松竹の重役さんが入れ代わり立ち代わり来て、『今は結婚の時期じゃない。これだけ主演作を用意しているんですよ』と台本も持っていらして。

『それでもあなたはある一人の男の所有物になるんですか』みたいなことを言われました。

それで私も、周囲の人の九九パーセントから反対されるので意地になってしまい。
幸いにも両親はわりと放任主義でしたから、私の思うままにという感じでそっとしておいてくれたんですけど、周囲からあまりに反対されるので、逆に『結婚してみよう』という気になっちゃったのね。

『いいじゃない。結婚して駄目ならもうそこまでの女優よ』と。

「ですから、結婚が女優としてプラスになるよう、結婚してさらにいい女優になろうという決心で、結婚に踏み切りました」

現在とは違って、時代が違うこともあり、猛反対にあったようですね。

そして、そういう苦難を乗り越えて、岩下志麻さんは25歳、篠田正浩さんが35歳の時、1966年3月3日に京都の大徳寺で仏前結婚式を挙げられています。

岩下志麻さんは結婚生活というより、女優生活を保つことができたのですから、幸せだったに違いありませんね。

また2008年には、夫婦で『安曇野にふさわしい理想の夫婦』に選ばれています。

長野県安曇野市が「安曇野ブランド推進事業」の一環として、当地のシンボルである双体道祖神(男女2人組の道祖神)をモチーフに「安曇野にふさわしい理想の夫婦」のアンケートを首都圏1万5000人に実施し、映画監督の篠田正浩、女優の岩下志麻が多数の支持で選出された。
夫妻は安曇野ブランドエグゼクティブアドバイザーも兼任することとなり、東京・千代田区の九段会館にて就任式が行われ、安曇野市長の平林伊三郎、篠田監督、岩下が登壇した。

スポンサードリンク

北アルプス連邦の麓に位置する安曇野市は、平成17年10月に新設合併により誕生した人口10万人の都市。四季折々の美しい景色と清涼な湧き水が有名で年間の観光客は約300万人にも上る。地方自治体の自主性を強調するため、これから「安曇野ブランド」を篠田・岩下夫婦に大いに宣伝してもらうようだ。

岩下は、「とても光栄に思っています。(安曇野は)雄大な北アルプスがあり、水も空気もおいしくて心が安らぐ所。銀座生まれの自分にとって安曇野は第2の故郷です」と早速PR。夫の篠田監督も、「映画のロケ地として何度も訪れている。『異聞猿飛佐助』という忍者の映画も安曇野で撮った。安曇野は自然的にも文化的にも尊敬すべき故郷。(私は)アドバイザーというよりアドバイスされる方です」とコメントした。ちなみに、平林市長は篠田の大学(早稲田大学)の後輩にあたり、「篠田監督の作品で一番印象に残っているのは『心中天網島』(岩下志麻主演)」とのこと。

おしどり夫婦として有名な2人に、「夫婦は長く一緒にいると似てくると言うが?」との質問が及ぶと、「私はドがつくほどのんびり、篠田はドがつくほどせっかち。そのドが取れるくらいには距離が近づいてきたと思います」と岩下が笑顔で答えた。

結婚から何年経っても、仲の良い夫婦なんでしょうね。

 

岩下志麻が現在は肺がんの病気の噂は本当?

岩下志麻が現在は肺がんの病気の噂は本当?について調べてみました。

岩下志麻さんが現在は肺がんの病気の噂についてですが、「肺がん」ということですが、調べてみましたが入院したという情報も見当たりませんし、2017年以降にドラマや映画の出演がない為に、このようなが出たようです。

ただ、2015年に10年ぶりに持病の胆石」が発症して、緊急入院されたようです。

 

岩下志麻がメナードのcmでギネス記録に認定!

 

岩下志麻がメナードのcmでギネス記録に認定!について調べてみました。

上の写真が1985年のメナードのcmの岩下志麻さんです。

何やら、髪型からはレトロ感が見えますがおキレイですよね。

そして、こちらが2017年の写真になります。

強い照明の具合なのか、白く見えるので顔が変わったなんて噂も出たようですね。

2000年に、日本メナード化粧品のcmの専属タレント契約が、28年の世界最長ということで、『ギネス・ワールド・レコーズ』で、ギネス記録認定になったそうです。

岩下志麻さんは1941年1月3日生まれですから、2017年のメナードのcmの時は76歳になられますから、日本では『喜寿』でお祝いするお年ですよね。

気品ある美貌はご自身の努力は勿論のこと、旦那・篠田正浩さんと結婚されたからこそではないかと思います。

 

岩下志麻が2018年2月9日『徹子の部屋』出演で美貌が絶賛!

岩下志麻が2018年2月9日『徹子の部屋』出演で美貌が絶賛!について調べてみました。

岩下志麻さんが2018年2月9日『徹子の部屋』出演された際、お孫さんが2人おられて、しかも小学生と中学生で、中学生のお孫さんは身長が180㎝あって、頭の上から「志麻ちゃん」と呼ばれていると話されていました。

とても中学生のお孫さんが、おられるようには見えません。

2018年の岩下志麻さんのお年は77歳ですから、あの美貌は凄すぎると絶賛だったらしいです。

「徹子の部屋」にご出演の岩下志麻さんが、いまでもとても美しい。
ここまで美貌を保つとは、すごい女優魂。尊敬する。

岩下志麻さんが徹子の部屋に出演なさってるけど、めっちゃくちゃ綺麗な!

岩下志麻さん 久しぶりに見たけど 綺麗っ!!昔も今も本当に綺麗だなぁ〜

岩下志麻きれいすぎじゃない!?77さい!!!え?!徹子の部屋!

岩下志麻77なのに綺麗杉る(゚д゚)!

岩下志麻が今「徹子の部屋」に出ているが、メガネはともかく、相変わらずの明るい華やかさ、女優一だ。77歳でこれだからなあ、すごい。

こんなにも綺麗なおばあちゃんが、しかも女優の岩下志麻さんなら、お孫さんはきっとイケメンなのでしょうね。

 

岩下志麻が女優生活60年!すっぴんも綺麗って本当?

岩下志麻が女優生活60年!すっぴんも綺麗って本当?について調べてみました。

上の画像が岩下志麻さんのすっぴんに近いものになります。

気品があって、美しいですよね。

そして、17歳の高校生の時にデビューされて、2018年に女優生活60年になられますね。

女優生活60周年を記念して、『美しく、狂おしく 岩下志麻の女優道』の本が2月26日に発売になりました。

「美しく、狂おしく」とは岩下志麻さんにピッタリのイメージのタイトルですよね。

また、トークイベントは盛況だったようですね。

女優生活60周年を迎えた岩下志麻が出演作品と女優人生を語り尽くしたインタビュー本『美しく、狂おしく』(春日太一著・文藝春秋刊)が、いま話題を呼んでいる。発売から1週間で重版となり、3月にトークイベントを催した八重洲ブックセンター本店(東京)では、60歳前後の男性客を中心に好調な売れ行きが続いているという。

「イベントの告知を弊社のホームページに朝10時にアップしたのですが、電話が殺到し、30分後には募集定員が埋まってしまいました。
こんなことはめったになく、まるでアイドルイベントのような現象です。
岩下さんの人気の根強さを実感しました」(八重洲ブックセンター広報担当者)

まるでアイドルのような人気ですよね。

やはり、あれだけの美貌ですから、この目で見たいのは当然ですね。

77歳にして、あれだけの美貌と、まだ漂うような色気は女優魂のなせる業なのでしょうか?

映画やドラマの出演が楽しみですよね。

岩下志麻さんのこれからの益々のご活躍を期待したいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)