大山のぶ代の子供は2人いたが死亡していた!砂川啓介の死去で現在は?

大山のぶ代の子供は2人いたが死亡していたという噂は本当なのでしょうか?

また旦那の砂川啓介の死去で現在は認知症(アルツハイマー)の病状についても調べてみました。

 

大山のぶ代の子供2人が死亡した理由

大山のぶ代の子供2人が死亡した理由について調べてみました。

大山のぶ代さんと言えば、『ドラえもん』の声優で有名ですね。

なんと、1979年から2005年の声優陣交代までの26年間、長きに渡って子供から大人までに愛されていました。

そんな、明るいキャラクターの大山のぶ代さんは実は、過去に子供さんを2人亡くされている事がわかりました。

1人目は32歳の時に、第一子(男児)を妊娠しますが、妊娠7か月の時に死産されています。

スポンサードリンク

そして、2人目は38歳の時に第二子(女児)を妊娠7か月の時に早産で未熟児で生まれて、先天性の心臓と肺機能の疾患のために、生後3か月で死去しています。

そんな悲しい過去があったんですね。

また、大山のぶ代さんは料理研究家としても活躍され、様々な料理本を出版されていますね。

手際よく料理される姿を、テレビでも見かけていました。

料理上手な女性って、羨ましいですね。

 

実は大山のぶ代は子供は作らなかったの?

実は大山のぶ代は子供は作らなかったの?について調べてみました。

大山のぶ代さん自身が、子供ができにくい体質だったのかはわかりませんが、2度の妊娠を経験していますが、死産など子供には恵まれず、次に妊娠するにはリスクがあり母体の危険性があったようですね。

2度目の妊娠が38歳の時ですから、年齢的にも難しかったのだと思われます。

「結婚後5、6年くらいたっても、子供ができなかった(死産は一度経験)。

そして、もし今度妊娠すれば母体が危ないことがわかり、僕の夢だった子供を断念せざるをえなくなったんです。

それ以来、(妊娠恐怖症になった)カミさんの体には触れていなかった。

そんなこともあって、ふだんの生活は妻というよりも姉か、時には母親の感覚でいたことは事実なんです」(砂川)

砂川啓介さんの著書によると、2人の子供さんを亡くされるという不幸から、「また、同じことを繰り返すのではないか」という不安から、夫婦生活はレスになっていったということを、明かされています。

 

大山のぶ代と砂川啓介との馴れ初め

大山のぶ代と砂川啓介との馴れ初めについて調べてみました。

大山のぶ代さんと砂川啓介さんは1964年2月に結婚されています。

2人が知り合ったのは、1963年8月の『孫悟空』という舞台での共演だそうです。

ちなみに、砂川啓介さんはNHK『おかあさんといっしょ』初代『体操のおにいさん』でしたが、大山のぶ代さんが人形劇の声優で出演していますが、お互いに面識はなかったそうです

大山のぶ代さんの楽屋へ、砂川啓介さんが挨拶に来たそうですが、お蕎麦屋さんの出前と間違えたという話があります。

その後、一緒にドライブに行った時、不良に絡まれている中学生を見つけたそうです。
特にお互い相談もしていないにもかかわらず、とっさに田舎から出てきた夫婦を演じ、その不良に道を尋ねるふりをしたそうです。そして、その隙に中学生を逃がしてあげたそうです。

このような出来事から結婚を考えるようになったそうです・・・。

また、その際とても丁寧に道を教えてくれたといい「不良とは言え、みんな優しい心を持っているんだと思った」とも語っている。

とっさに取った2人の息の合った行動が、結婚する決め手になったのかもしれませんね。

 

旦那の砂川啓介の浮気は公認していた

旦那の砂川啓介の浮気は公認していた?について調べてみました。

大山のぶ代さんはご自身が子供をもてない身体だから、砂川啓介さんに「浮気してもいい」と言われたんだそうです。

また、浮気した相手と子供が出来たら「その子供を育ててもいい」というかなり肝の座った発言をされています。

ここ最近のゲス浮気やゲス不倫とは、全然違う、この「浮気してもいい」の言葉に込められた思いがあったようですね。

 

大山のぶ代がアルツハイマー認知症に!

大山のぶ代がアルツハイマー認知症に!について調べてみました。

スポンサードリンク

2008年4月24日に音楽芸術専門学校の校長室で授業準備中に、心筋梗塞脳梗塞を併発して倒れています。

そのまま緊急入院して、投薬治療をされました。

そして、4か月後の2008年8月17日に退院されています。

それから、自宅療養やリハビリによって、日常生活には不安のないレベルまでに回復して声優の活動を再開しています。

復帰されてから、テレビやラジオ番組にゲスト出演したり、講演活動や音楽芸術専門学校の仕事などをされていましたが、激務などの日々が続くために、2010年頃から仕事の量を減らしていき2013年に音楽芸術専門学校の校長の仕事を引退されています。

そして、2012年秋アルツハイマー認知症との診断を受けています。

妻がある日突然、認知症になってしまった—医師からそのことを宣告された時の心境を砂川はこう明かしている。

2012年、秋のある日、ペコがアルツハイマー型の認知症だと突如、診断された。でも、俺はなかなか現実を受け入れることができなかった。

どんどん変わっていく君の姿に、戸惑いや苛立ちを隠すことすらできなかった 〉

このことは暫くは内密にされていましたが、2015年5月13日にTBSラジオ番組『大沢悠里のゆうゆうワイド』で、砂川啓介さんがゲスト出演されたときに、大山のぶ代さんが認知症を発症して、闘病中であることを明らかにしています。

認知症の症状を受け入れることは、家族にとっては辛い現実ですよね。

 

『娘になった妻、のぶ代へ』は10万部を超える売上!!

『娘になった妻、のぶ代へ』は10万部を超える売上!!について調べてみました。

2017年5月11日発行の『娘になった妻、のぶ代へ』は大山のぶ代さんの夫の砂川啓介さんが、認知症になってからの様々な出来事や、自身の心の葛藤などを綴られた、いわゆる介護日記が出版されて、世間からは賛否両論があるにしても、反響は大きく10万部を超える売上となりました。

一緒に暮らす家族だからこその、日々変化していく様々な行動や言動は、現実的に今の世相を描いているものですから、誰しもが目を閉じてはならない『認知症』という病気ですよね。

〈 逃げられるものなら、この生活から逃げたい。でも、僕はカミさんにとって、たった一人の身内なのだ。

「俺が頑張らなきゃいけないんだ……」

強く自分に言い聞かせるたびに、僕は自分で自分を追いつめていた 〉

この現実的な老老介護の様子は衝撃的なものです。

精神的に追い詰められた砂川啓介さんですが、妻である大山のぶ代さんのイメージを崩すことができなかったために『認知症』であることを隠し続けたのですから、愛されていたんですね。

この夫婦愛は、おしどり夫婦の形なのでしょうね。

しかし、この本を出版して、世間に公表したことで少しは肩の荷が下ろせたようです。

世間体ばかりに縛られていては、何も得にはならないことがわかりますね。

 

砂川啓介の死去で現在はどうしてる?

砂川啓介の死去で現在はどうしてる?について調べてみました。

砂川啓介さん(本名:山下啓一,やましたけいいち)が2018年7月11日午前4時10分、尿管がんのため都内の病院で死去されました。

謹んでお悔やみ申し上げます。

80歳だったそうです。

葬儀・告別式は近親者で執り行われたそうです。

砂川啓介さんは自分が先に亡くなった後のことを、30年来の付き合いのある女性のマネージャーに頼んでいたようです。

遺言など書き記したものがあるようです。

「亡き砂川さんの代わりに、今後も小林マネージャーが大山さんの身の回りの世話をされると聞いています。

プロのヘルパーさんがいるホームに入居しているとはいえ、“身内”にしかできないケアはたくさんありますからね。

在宅介護をしていたとき、嫌がる大山さんをお風呂に入れてあげたのも彼女です。ご夫妻のいちばんの理解者で、責任感の強い方ですよ。

砂川さんは、彼女にのぶ代さんを託したんです

大山のぶ代さんは現在はプロのヘルパーさん常駐の老人ホームに入居されているようです。

砂川啓介さんが亡くなられる時も、急変だったそうで最期に立ち会うことはできなかったようです。

砂川啓介さんは、ご自身が亡くなられた後のことも考えられていて、現在は老人ホーム入居したいる大山のぶ代さんのお世話を、女性のマネージャーがされているんだそうです。

砂川啓介さんはご自身のことよりも、妻である大山のぶ代さんのことを考えられていました。

深い夫婦愛が伝わるといいですね。

老人ホームでの暮らしではありますが、平穏な日々を送られている、大山のぶ代さんの余生が幸せであることを願いたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)