鶴田真由の子供や現在の白髪頭や自宅や64って何?

いつまでたっても変わらない美貌を保つ鶴田真由。

もうすぐ50歳というのが驚きです。

私生活では、芸術家と結婚していますが、子供について気になります。

どんな家庭なのか興味ありますね。

また、最近「鶴田真由」と検索すると「白髪頭」というワードが見られました。

どういうことなのでしょうか。

今回は、鶴田真由について調べました。

 

気になる子供の存在

鶴田真由は2001年に結婚しています。

2001年(平成13年)12月、芸術家の中山ダイスケと結婚。

スポンサードリンク

旦那の写真はこちらです。

出会いが気になりますね。

旦那さんである中山ダイスケさんとは、2001年に長期休暇でニューヨークに滞在していた時に、知人を通じて知り合い、交際に発展しました。

ニューヨークで出会うなんてロマンチックですね!

この時鶴田真由は芸能活動を休んでいたので、結婚後もしばらくはニューヨークで生活していました。

2005年に帰国して、芸能界に復帰しています。

海外でリフレッシュしての復帰だったのでしょうね。

結婚して17年になるわけですが、子供は何人いて年齢はどれくらいなのでしょうか。

2人の間にお子さんはいません。

意外ですね!てっきりお子さんがいるものだと思っていましたが、鶴田真由には子供はいませんでした。

不妊治療をしていたという噂もありますが2人で子供を作らないと決めた可能性もあります。

今のところ別居や不倫といった話もないので夫婦円満のようです。

単純に授からなかった可能性もありますし、子供を持たないという選択をした可能性もありますよね。

子供がいないから不仲だ、というのは安易でしょう。

結婚してから以前ほど芸能活動をしている印象がないですが、家庭を大事にしているのかもしれませんね。

劣化した?白髪頭との噂

あまりテレビで見ないと、久々に見たときに劣化したように感じる女優さんは多いですね。

鶴田真由も同じように、「劣化した?」という噂が見られました。

中でも「白髪頭」というワードが多く見受けられます。

綺麗な黒髪のイメージが強いので、もしかしたら劣化して白髪が増えたのか?と思いましたが・・・

多少の白髪はあってもおかしくないですが、白髪頭は大げさな気が・・・。

テレビで見るがぎり、鶴田真由さんは白髪とは無縁な気がしました。

最近の鶴田真由を見ても、目立った白髪はなく、むしろ昔からの黒髪をキープしていました。

最近のものと思われる画像を見ても、白髪は見えません。

露出が減ったことで、もしかしたらそういったデマが広がったのかもしれません。

スポンサードリンク

別の似た人と勘違いされた可能性もありますしね。

加齢による変化は見られますが、鶴田真由は、現在も白髪頭などではなくきれいな黒髪のままでしたよ♪

永遠に顔が変わらない方が不自然ですし、綺麗に年齢を重ねていると思います。

関係ありませんが、旦那の中山ダイスケさんは、白髪が出ているみたいですね。

白髪によっておじさん感が出るというよりは、白髪が似合うタイプではないでしょうか?

旦那の情報とごちゃ混ぜにされた可能性はないでしょうが・・・。一応補足でした。

お金持ち?気になる自宅

清楚な印象からか、実家がお金持ちなのでは?と思う人が多いようです。

自宅が鎌倉にあるということからも、その印象が強いみたいです。

鎌倉とくれば、全国的に資産家が住んでいる街の1つです。

そのため、可能性はおおいにあるのではないでしょうか。

何となく「鎌倉に家がある」というだけでお金持ちのような気がしてしまいますよね(笑)

ちなみに「成城学園高等学校」の出身でもあります。

成城と言えば超名門校なので、そこからもお金持ちと思ってしまいます。

また、父親の仕事もお金持ちを連想させるようです。

鶴田真由さんの父は大手電機会社のデザイナーをしているらしいです。
そうであるならば、裕福な家庭である可能性は強まるでしょうね。

なるほど、父親が大手に勤めているということで、やはりお金持ちのイメージはぬぐえませんね。

出身地である鎌倉市の観光大使も務めている。

観光大使までやっているので、鶴田真由=鎌倉という印象が強いのも頷けます。

実際はどうかわかりませんが、自宅が鎌倉というだけで何となくお嬢様のイメージが強いのはあながち間違っていないかもしれませんね。

何のこと?64というワード

鶴田真由について調べていくと、「64」というワードをよく見ます。

コレって何なのでしょうか?

結論から言うと、映画のことでした。

『64(ロクヨン)』
放映期間:2016年5月7日(前編)〜、2016年6月11日(後編)〜

この「64」という映画に、鶴田真由も出演していたのですね。

どんな内容なのでしょうか。

わずか七日間で幕を閉じた昭和64年。
このたった7日の間に起きた少女誘拐殺人事件。通称『64(ロクヨン)』
事件は未解決のまま14年が経過し、時効までわずか1年になっていた。

昭和64年を指す「64」なんですね。

2016年の映画「64」では、元ロクヨン自宅版担当婦人警官、村串みずき役を演じられたことで有名ですね。

映画自体も話題になったので、鶴田真由と「64」が検索されているようです。

以上、鶴田真由についてでした。

現在も昔と変わらず美しく、顔も髪の毛も綺麗なままでした。

結婚して露出が減ったと言っても、現在も活躍をしている鶴田真由。

また昔のようにたくさんテレビで見られるといいですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)