石井めぐみの子供の近優斗は次男。息子で長男のゆっぴいは病気なの?

代表作に『噂の刑事トミーとマツ』がある、女優の石井めぐみ。

結婚と離婚を経験していて、子供もいます。

離婚した際に、次男は父親のほうへ付いていったといいますが、どんな息子なのでしょう。

また、長男が病気だというのは本当でしょうか。

離婚した旦那についても気になります。

今回は、石井めぐみについて調べてみました。

 

石井めぐみの子供で次男の近優斗について

石井めぐみは二度結婚していますが、子供を授かったのは二度目の結婚をしていた時です。

 1990年(34歳)、テレビ局のディレクターと男性と再婚。2児を儲ける。

2人の息子を授かりましたが、離婚してしまいます。

スポンサードリンク

42歳で離婚。次男は父親との生活を選び、親権は夫が取得した。

親権が父親に行くのは結構珍しいですが、どうして父親が親権を取ったのでしょう。

離婚の際、次男君はパパについていくことを選んだそうです。

長男の看病にかかりっきりで、次男君としてはとても淋しかったのではないでしょうか。

次男自身が、父親との生活を選んだとのことです。

のちに書きますが、石井めぐみの長男は難病だったので、石井めぐみはその長男にかかりっきりだったんでしょう。

石井さんご自身も「母失格です」とコメントしているようです。

長男だけに愛情を注いでいたわけではないのでしょうが、次男は自分をあまりかまってくれないと感じてしまったのかもしれないですね。

ちなみに、次男は「近優斗」ではありません。

名前などはわかっていませんよ。

「近優斗」は長男の名前です。

次男は1994年に生まれたことは分かっていますが、それ以外は明らかにされていません。

2018年に24歳になることだけはわかっていますが、情報は出していないみたいです。

 

石井めぐみ息子で長男のゆっぴいは病気なの?

ゆっぴいと呼ばれる息子ですが、病気だったことがわかりました。

長男は優斗(ゆうと)君という名前で、脳性まひを患っていることを著書にて公表。

長男の名前が「近優斗」です。

長男については本も出しているんですね。

本のタイトルである「笑ってよ、ゆっぴぃ」、聞いたことがあるという方も多いのでは?

“ゆうと”くんだから、『ゆっぴい』と呼ばれていたのですね。

脳性まひという難しい病気でした。

優斗君は残念ながら1999年に逝去しました。

残念ながら、8歳で亡くなってしまったんですね。

短い人生で、無念だったでしょう。

 

出産時に脳性マヒが発覚。

病気について、もう少し見ていきましょう。

ゆっぴい君として知られている長男は生まれながらの脳性マヒでありました。

出生時に低酸素状態であり大脳機能は大幅に失われていて、食事を自分ですることもままならない
という状態だったんですね。

生まれた時にはすでに病気だったことになります。

常に介護が必要な状態だったようです。

嚥下性肺炎と低体温に悩まされる日々が続き栄養をチューブで注入していたために、固定に使った絆創膏は見ているだけでとても痛々しいものでした。

それでも頑張って生きていた優斗くん。

こうした闘病介護の日々は「笑ってよ、ゆっぴい」というタイトルで出版されることになり、また「ゆっぴいのばんそうこう」というドキュメンタリー番組で放送されたりもしました。

しかし、残念な結果になってしまいました。

石井めぐみもつらかったに違いありません。

 

石井めぐみの最初の夫はどんな人?

スポンサードリンク

石井めぐみが最初の結婚をしたのは、石井めぐみが25歳の時です。

最初の結婚は25歳のときでありテレビ局関連に務めていた男性と結ばれることになりました。

1人目の旦那はテレビ局関連の人だったんですね。

しかし、結婚生活は短いものでした。

この結婚は4年で終わりとなってしまいます。

たった4年ですか・・・。

ちなみに、この旦那との間に子供はいません。

 

石井めぐみの最初の夫の馴れ初めや離婚理由は?

1人目の旦那について調べてみたのですが、結婚生活が4年だったことくらいしか情報がありませんでした。

短い結婚生活でしたし、のちに再婚もしているのであまり語っていないのかもしれません。

憶測ですが・・・

2人の関係性に関しては仕事重視をしている石井めぐみと、一般の男性の方と相性が悪かったのでしょう。

情報はこれくらいでした。

馴れ初めなども一切わかりませんでした。

 

石井めぐみの再婚した夫の近広史について。

石井めぐみは34歳の時に再婚しています。

2度目の結婚は1990年でありテレビ局の敏腕プロデューサーで構成作家でもあった近広史(こんひろし)さんと夫婦となりました。

旦那はディレクターで、年下の男性だったんですね。

しかも、敏腕プロデューサー!

仕事で知り合ったのでしょうか。

この男性との間に息子二人を授かったことになります。

闘病していた長男の撮影もしていたそうです。

このころリハビリに励むゆっぴい君のドキュメントを自ら撮影しました。

父親としても、プロデューサーとしても、撮りたかったのでしょうか。

別れたご主人の近広史さんは、いまも現役でテレビ業界で活躍をされています。

いまはアニメ業界でもご活躍されています。

別れた旦那は今も活躍しているようですね。

 

石井めぐみの再婚した夫の近広史との馴れ初めや離婚理由は?

近広史再との馴れ初めは、詳しくは語られていないようで、情報を見つけることができませんでした。

しかし再婚したにもかかわらず、離婚してしまったのはどうしてなのでしょうか。

石井めぐみさんの離婚の原因はいったいなんだったんでしょうか?

これについては公表されていなく、正確なことは分かっていません。

ただ、ゆっぴい君の闘病生活が影響していたのではという話もあります。

この頃から石井めぐみさんは、塞ぎこむことも多くなったそうです。

はっきりした理由は述べられていませんが、長男が関係しているらしいといわれていますね。

大事な子供が闘病しているわけですから、明るく振舞い続けるのは難しいでしょう。

しかし、こんな話がありました。

離婚はゆっぴい君が亡くなる前から決まっていたそうです。

親権はゆっぴい君が妻へ。次男は夫と決まっていたとのことです。

家族の病気が家族を分けてしまったのだとしたら悲しいですね。

当時、石井めぐみさんは長男にかかりっきりで、次男はいつもご主人が世話をしていたようで、その頃から徐々に確執が生まれて行ったのかも知れません。

やはり長男にかかりきりだったんですね。

幼かった次男もつらい人生だったでしょうね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)