金田朋子の子供の名前は千笑?ダウン症の噂。顔画像や性別。流産の過去がある?

声優でタレントの金田朋子。

150センチに満たない小さな体から出しているとは思えない声で、人気を不動のものにしました。

そんな金田朋子ですが、結婚して出産を経験し、今は子育ての真っ最中です。

その子供の名前はなんというのかよく検索されているみたいですね。

公表はされているのでしょうか。

また、子供がダウン症なのではと噂になっているようです。

実際はどうなのでしょう。

そして、過去に悲しい経験をしていることも話題になっています。

今回は金田朋子の子供や、過去について調べてみました。

結婚と出産

スポンサードリンク

独特の声と、奇抜なキャラクターでテレビに引っ張りだこの金田朋子。

結婚したのは2013年でした。

2013年11月22日、10歳年下の俳優・森渉との結婚を発表した

なんと、旦那は10歳年下

スポーツ万能で「アスリート俳優」としても知られていますね。

しかし、金田朋子と旦那はどうやって知り合ったのでしょうか。

馴れ初めがわかりました。

金田朋子さんと森渉さんの出会いは結婚から約4年前で、共通の友人の誕生日会にともに出席していたことがきっかけでした。

そこでは金田朋子さんに妙なオーラを感じたという森渉さんから話しかけてきて、それが縁で交際がスタートしたようです。

先に話しかけたのは旦那のほうだったんですね。

でも「妙なオーラ」って・・・(笑)

わかる気もしなくはないです。

こうして交際が始まった二人ですが、こんなエピソードもありました。

金田朋子さんは馴れ初めとともに、プロポーズをなんと3回も受けたことを告白!

なんで旦那は3回もプロポーズをすることになったのでしょうか。

理由は最初にプロポーズを受けた時に金田朋子さんが「何言ってるかわからない」と伝えたところ、複数回にわたって求婚を受けたと話しています。

何を言っているのかわからないといわれた旦那も困ったでしょうね(;’∀’)

でも、プロポーズは素敵な言葉でしたよ。

プロポーズの言葉は、「おじいちゃんとおばあちゃんになるまで、ずっと笑っていよう」的なものであったとのこと。

いいなぁ。羨ましい。

でも、金田朋子とならずっと笑っていられると思った旦那の目に狂いはないですね(^^♪

こうして二人は結婚しました。

結婚から4年目、2017年にテレビで妊娠を公表します。

2017年2月9日放送の『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS)の番組内で、妊娠6か月であることを公表

「あの金朋がお母さんになるの?!」と話題になりましたよね。

そして、無事に出産し、待望の赤ちゃんに会うことができました。

2017年6月20日、第1子女児を出産した

子供の性別は女の子だったんですね。

年齢は、2018年の誕生日で、やっと1歳になったばかりです。

子供の名前は千笑

子供の名前ですが、金田朋子がブログで公表しています。

たくさん笑ってくれるように名前は千笑にしました╰(*´︶`*)╯♡

千笑と書いて、「ちえ」ちゃんです。

金田朋子の家庭は常に笑いであふれていそうですが、『子供もたくさん笑ってくれるように』という願いを込めて名付けをしたというのはいい話ですね~。

名前の通りといいますか、ブログで公開されている子供の写真は笑顔のものがとても多いです!

幸せそうな家族の写真も含め、いくつか載せていきますね!

こちらが千笑ちゃんの顔がわかる画像です。

か・・・かわいい。赤ちゃんの笑顔ってどうしてこんなにかわいいのでしょう♪

これは子供が生まれた時の写真のようですが・・・

なぜこんな時まで被り物??(笑)

スポンサードリンク

旦那と赤ちゃん。

同じポーズで寝ています。ほほえましい。

これはお食い初めの時の写真だそうです。

さすがに千笑ちゃんが笑っていないように見えるのは気のせいでしょうか。

金朋、変な顔、と思ったら千笑ちゃんの仕業でした。ナイス!

いや~、どの写真を見ても幸せいっぱいなのがわかりますね。

本当に毎日が笑顔であふれる家庭なんでしょうね。

ダウン症の噂

芸能人の子供あるあるですが、金田朋子の子供にもダウン症疑惑があります。

しかしこれは、出産時に金田朋子が44歳という年齢だったことが関係していると思われます。

高齢出産になると、ダウン症や障害の確率が上がるのは確かです。

しかし、千笑ちゃんにはそういった様子は見られません。

金田朋子のブログにも、そういう記載はありません。

高齢出産だったことで、勝手に憶測が広まってしまっただけのようです。

流産の経験

金田朋子夫妻ですが、過去に流産という悲しい経験をしています。

彼女が、森と結婚したのは’13年。実はその3年後の’16年には1度妊娠していたのだ。

子作りを始めて、すぐに授かった赤ちゃんだったそうです。

しかし、悲しい現実が待っていました。

’16年11月22日の“いい夫婦の日”に生まれる予定の子だったのですが、妊娠2カ月くらいのときに流産をしてしまいました。

実は、40歳を過ぎたら自然妊娠の確率が5%だってことを、このとき初めてお医者さんから聞かされたんです。
本当に無知でしたね。

それからは高齢出産のことや、不妊治療について勉強したのですが、不妊治療がいかに大変なことなのかが、よくわかって……

予定日が「いい夫婦の日」だった赤ちゃんが、空に帰ってしまったんだそうです。

金田朋子は40歳を過ぎていましたし、妊娠自体が奇跡だったのかもしれませんが、悲しかったでしょうね。

旦那の森渉もこう語っています。

僕も責任を感じました。
彼女と出会ってからすぐに結婚を意識したものの、子どもをつくるのは、僕が仕事でもう少し成果を上げてからと、彼女を待たせていたんです。

朋ちゃんは僕より10歳年上なので、出会った時点で高齢出産の可能性はすでに高かったのに……

旦那は責任を本当に感じていたのでしょうね。

こんなこともしたそうですよ。

僕のせいで彼女を巻き込んでしまって、申し訳なかったと思いました。
朋ちゃんが寝ている横で神様に、『僕ができることだったら何でもするので、もう1人授けてください!』と、お願いしました。

流産は悲しいですが、森渉がかなり人としてできた人だとわかります。

この願いが届いたのか、夫婦に再び喜びが訪れました。

次のチャンスで自然妊娠ができなかったら、体外受精をしようと2人で考えていたときにできたのが千笑ちゃんなんです

妊娠は自然妊娠だったんですね!

本当に赤ちゃんを望んだ二人を見て、神様がプレゼントしてくれたのかもしれません。

千笑ちゃんが生まれて、金田朋子はこんな風に振り返っていました。

1人目の赤ちゃんが帰ってしまったこともあり

なんで1人目の赤ちゃんが帰ってしまったのか2人でいっぱい考えて

1人目の赤ちゃんに教えてもらったことがあり

そして2人で千笑ちゃんを大切にしようと決めました。

生まれてくるはずだった一人目の赤ちゃんにも、パワーをもらっていたんですね。

11月22日、いい夫婦の日に産まれる予定だった1人目の赤ちゃん

1人目の赤ちゃんのためにも

2人で力を合わせてがんばっていこうと決めました。

そして千笑ちゃんがきてくれました╰(*´︶`*)╯♡

悲しみを夫婦二人で乗り越え、千笑ちゃんが来てくれて本当にうれしかったでしょうね。

これからも3人で笑顔の絶えない家庭にしてほしいです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)