黒木瞳の娘の事件は凶悪な犯罪?子供の名前は萌子?現在は何してるの?

女優 黒木瞳さんの娘さんに囁かれる”凶悪な犯罪”や”宝塚不合格”についてまとめてみました!

黒木瞳の娘の名前は萌子

黒木瞳さんは、第一子を1998年に出産
年齢は、20歳。
名前が萌子さんというのは間違いなさそうです!
黒木さんの結婚後の苗字が伊知地さんなので、伊知地萌子さんがフルネームです!

顔がブサイク?(画像あり)

黒木瞳さんの娘さんの写真をみつけました!!
萌子さんと思われる顔写真がこちら!

“ブサイク画像”と検索される方も多いようですが、ブサイクどころか可愛い~!
しかし、残念ながらこの方は黒木瞳さんの娘ではなく、<山木コハル>さんというオスカー所属の女優さんです!

残念ながら、萌子さんの顔が分かる画像は見つけられませんでした・・・。

娘の事件は凶悪な犯罪?

黒木瞳さんの娘さんについて調べていると「凶悪な犯罪事件を起こしている!!」という恐ろしい情報が出てきました!その事件の真相が週刊誌に掲載された事があります。

スポンサードリンク

名門私立中学で女子3人、男子1人で構成されるいじめっ子グループが、同級生の女子生徒を校内の女子トイレ個室に追い込み、無理やり制服を脱がせて携帯カメラで撮影するなどのいじめ行為に及んだ。
この「名門私立中学」は、青山学院中等部。リーダー格の「B子」の母親は、大女優。

事件の詳細は・・・

青山学院中等部の取り巻き男子を2万円で買収。
ターゲットである女子をレイプしろと指示。
買収された男子は女子トイレ個室に逃げ込んだターゲットを個室上部から入り込んだ後、一人は服を脱がし、一人はそれを動画で撮影したという。

事件後の学校の対応は・・・

被害者の母親からの抗議によって、実行犯として動いていた男子生徒の一人を退学処分。
その他のいじめ加害者たちはわずか3日の停学処分にした。
彼らの保護者が件の有名女優をはじめ、青学OBだったことや会社経営者など社会的影響力の強い身分だったので軽い処分で済んだよう。

この事件の主犯格が、黒木瞳さんの娘・萌子さんと言われています。
主犯格にも関わらず、停学処分で済むのは、やはり親の力だったのでしょうか・・・。
逮捕されてもおかしくはない事件です。
実はこの事件の被害者が、先ほど画像で紹介した<山木コハルさん>ではないかと言われています。
黒木さんのコメントは発表されておらず、週刊誌で報道後、謝罪会見などは行われていません。

バレエ教室に通ってたが宝塚不合格だった?

スポンサードリンク

黒木瞳さんの娘・萌子さんは、小さい頃からバレエ教室に通っていました。
通っていた理由は、宝塚歌劇団を目指していたから。
萌子さんが通うバレエ教室には、君島十和子さんの娘もいました。
次第に、黒木さんと君島さんの不仲説が囁かれるようになります。

明暗を分けたのは2017年の宝塚受験。
君島十和子さんの娘さんは宝塚に合格し、黒木さんの娘は2度受験し宝塚不合格
その理由は・・・

宝塚音楽学校の合格発表──君島十和子(47)が娘の合格に涙する姿が報じられ、大きな話題となった。ヅカファンとは縁遠い読者諸氏にとっては「へぇ~」という程度のことかもしれない。

だが、最近女性の間では口を開けばこの話題になるという。しかも話の核は「娘の合格」ではなく、合格発表の場に「ある人物」の姿がなかったことだったというのだ。

その人物とは、女優の黒木瞳(53)。実は君島と黒木は女性の中では知らぬ人はいない因縁のライバル。週刊誌やワイドショーでは風物詩のように取り沙汰され、大きな反響を呼んできた。2人の因縁は10年以上も前に遡る。

宝塚の元トップスターで、子育てをしながら女優を続ける黒木と、元カリスマモデルで、世界的デザイナー・君島一郎氏の長男・誉幸氏の妻で自身のファッションブランドも手がける“セレブママ”の君島。2人はある時、娘を同じ名門バレエ教室に通わせる「習い事ママ」仲間となった。

そして2003年、娘たちのバレエ発表会をめぐって事件は起こった。上演演目の主演をどちらの娘が務めるかで激しい場外バトルが繰り広げられたのだ。

「『くるみ割り人形』を上演したのですが、2人とも娘を主役につけようと必死だった。割り当てのチケットを競うように買い、100万円単位のお金を使ったとも噂されたほど。結局、最終的に異例のダブルキャストになり、日替わり交代の主役だったが、これをきっかけに、2人は犬猿の仲になった」(黒木の知人)

2人が娘をこの名門バレエ教室に通わせたのは、「どうしても娘を宝塚に入団させたい」という願いからだった。

宝塚は競争率25倍前後の狭き門で、「東の東大、西の宝塚」といわれるほどの超難関。3月下旬に試験が行なわれ、約40人が合格となる。

君島の長女は黒木の長女より1学年上。昨年も受験したが不合格だった。そして今年2度目の挑戦で合格。母娘は抱き合って涙した。だが、「本来なら、黒木さんの長女も今年受験するはずだった。しかし、通っていた学校で問題が起き、海外留学を余儀なくされ、今年受験できる環境ではなくなってしまった。少し時期をみて挑戦するのではないでしょうか」(前出・知人)。

こうして2人の“10年戦争”は不戦勝ながら一応の決着をみた。

やはり宝塚受験の不合格の理由は、あの事件が影響しているようです!
この不仲説については、のちに君島さんが否定されています。
不仲が事実であればこの戦いは怖そう・・・。

黒木瞳の娘の大学や学校はどこ?

青山学院に通っていた娘さん。
娘さんが今、通う学校はどこなのか調べてみました!

青学・慶応・ニューヨークなの?

青学に通っていた萌子さんですが”事件”が発覚すると【慶應義塾ニューヨーク学院】に転校したようです!
慶應義塾ニューヨーク学院は、慶應義塾大学の付属校。
日本の慶應義塾に比べると、入試ハードルが低いとか。
事件を起こし、日本には居られなくなってしまったのでしょか。
海外逃亡!?とも言われています!

今現在は何してるの?

注目度の高い、黒木瞳さんの娘さん。
「娘の現在は?」「現在の写メは?」とまだまだ注目されています!
慶應義塾ニューヨーク学院に通っていると、日本の慶応義塾大学に進学しやすいという事なので、現在20歳になる萌子さんも日本に戻り、慶應義塾大学に通っている可能性もあるかもしれませんね!
黒木瞳さんも娘に対して、もう問題を起こすことなく楽しい学生生活を送って欲しいと願っているのではないでしょうか。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)