森山良子の娘は歌手で森山奈歩の画像。娘婿の旦那について。

歌手 森山良子の娘、娘婿のあのお笑い芸人についてまとめてみました!

森山良子さんプロフィール

森山良子さんは、1948年生まれの70歳。
1967年に「この広い野原いっぱい」でデビュー

「涙そうそう」等、多くのヒット曲を出しています!

平成18年に芸術選奨文部科学大臣賞、平成20年には秋紫綬褒章受章を受賞しその活躍が称えられています。

結婚は?

森山良子さんは、2度結婚し2度離婚
現在は、独身です。

1度目の結婚は、上智大学の学生である一般人の方
2度目の結婚は、ミュージシャンのジェームス滝さんでした。

スポンサードリンク

歌手同士の結婚でしたが、上手くいかなかったようです。

子供は?

森山良子さんには、2人の子供がいます!

長女

森山奈歩さん
1971年生まれの元ミュージシャン。
森山奈歩さんの画像がこちら!

森山良子さんの1人目の夫との間に生まれたのが奈歩さんです。

長男

森山直太朗さん
1976年生まれ。

「さくら(独唱)」など、良子さんと同じく直太朗さんも多くのヒット曲を出しています!
2018年5月には、作曲家・ピアニストとして活動中の平井真美子さんと結婚しました!

娘婿はあの人!

長女・奈歩さんの旦那は、お笑い芸人おぎやはぎの小木博明さん

2006年10月に6年の交際を経て結婚しました!
奈歩さんと小木さんには、まあるちゃんと言われる小学生の娘さんがいます!

現在、奈歩さん夫である小木さんまあるちゃん森山良子さん2世帯で同居中です。

スポンサードリンク

馴れ初めは?

奈歩さんと小木さんの出会いは、お笑い芸人”まちゃまちゃさん”がきっかけのようです。
奈歩さんを初めて見た時の小木さんの反応は「ブスすぎてびっくりした!」だったとか。
最初の印象が良くなかったので、知っていくうちに奈歩さんの印象が良くなり交際・結婚へつながったと小木さんは語っています。

娘の一言に感動

森山良子さんの娘婿・小木さんとは一体どういう方なのか調べてみると、娘さんとのほほえましいエピソードがありました!

娘と近所の大型ホームセンターに出かけたと語り出した小木。大の“アイカツ!”好きだというまあるちゃん、小木が買ってあげたカードを手にゲームセンターに向かったが、今の流行は“妖怪ウォッチ”。アイカツ!コーナーは端に追いやられ誰もおらず、小木はかなりショックを受けたという。

1人でゲームをするまあるちゃんを不憫に思った小木、アイスを食べに行こうとフードコートを訪れると、小木のファンという客に何度か話しかけられ、一緒に写真を撮ったそうだ。何人目かに声をかけてきたファンは生後間もない乳児を抱えた母親で、「子供と一緒に写真を撮ってください」と頼まれたという。まだ首もすわっていない赤ちゃんを抱き、写真用に笑顔を作った

そんな彼を見て、まあるちゃんは「パパってそういう人じゃないのにね」とつぶやいたという。6歳になったばかりの彼女だが、すでに自分の父親がお笑い芸人だということはもちろん、テレビでは“赤ちゃんを抱いて、笑顔を見せるようなキャラクターではない”ということまでも把握し始めたというのだ。「(もう父親が)芸能人だということ、わかるんだ?」と驚く矢作兼に、「それはわかってる、(父親が)写真撮られることに慣れている」と語った小木は、「抱きしめたくなったね、大人になったなあって」と愛娘の成長にいたく感動したよう。普段とは異なる、父親としての一面を見せた。

思わぬ所で娘の成長を感じた小木さん。
子供は親の事をしっかり見てるんですね!

森山良子と小木博明とのエピソード

歌手、森山良子がNHK総合の情報番組「あさイチ」に生出演。
長女の夫であるお笑いコンビ・おぎやはぎの小木博明もVTR出演し、お互いの関係について語った。

森山は小木について「お世辞を言わないですね。絶対むやみにほめたりしない。本当のことしか言わないから気が楽」と良好な関係をうかがわせたが、直後に流れた小木のインタビューがそれを裏付けることになった。

森山との二世帯住宅に住む小木は、森山について「寂しいんでしょうね、しょっちゅうこっちに来ちゃうんですよね。玄関を別にした意味が全くなくて毎日会ってます」と明かし、「向こうが地方でいないときもありますし、そのときぐらいですね、ほんとうに気が休まるのは」と直言した。

さらに小木は「明るいのが嫌なんですよ。すごいノリが良くて、明るくて、お酒飲んですぐ酔っ払うじゃないですか。一見楽しいんですけど、それが毎日のことですから。毎日酔っ払いが横にいると思うと、それがすごいつらいんですよね」と一刀両断。あるときは風呂上がりに薄着の胸元がはだけた感じで小木家側に来ていたといい、小木は「それにはびっくりしましたね。絶句です。変に言うと変な空気になっちゃうんで何も言わないです」とあきれていた。

しかし、小木も8歳になる娘との遊び相手になってくれることや、しつけをしてくれることについては森山に感謝しているという。小木は「8歳くらいの女の子にちょうどいいんじゃないんですかね、ノリが。波長がちょうど合うんですよ。いい友達みたいに遊んでいますよ」と語った。

森山良子さんと小木さんは、本物の親子のように本音で語り合える、姑と娘婿のようです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)