富永美樹とまことに子供はいない理由は?現在は山梨に移住?

フリーアナウンサーの富永美樹。

現在はタレント活動も行っています。

結婚していて、旦那はシャ乱Qのまことです。

夫婦そろってテレビ出演することもありますので、目にしたことがある人も多いでしょう。

そんな富永美樹ですが、子供がいません。

なぜなのか気になりますね。

また、現在は山梨に住んでいるという話があります。

今回は、富永美樹について調べてみました。

子供がいない理由

富永美樹が旦那のまことと結婚したのは1998年です。

スポンサードリンク

富永は、シャ乱Qのまこと(48)とフジテレビ系「上京物語ふたたび」での共演をきっかけに交際をスタート。1998年9月に結婚し、フジテレビを寿退社した。

番組で共演したのがきっかけで交際に発展し結婚したのですね。

人気バンドとはいえ、つんくではなくドラムのまことが相手というので家族や社内の友人からは反対ばかり。それでも富永は「夫を支える」ため退職したという経緯があります。

周囲からは意外にも反対されての結婚だったのですね。

バンドって、一生安泰とは言えない仕事ですから周りの心配も頷けます。

退社後は専業主婦に徹していましたが、シャ乱Qの再活動に合わせて芸能界復帰したのだとか。

今は様々な分野で活躍しています。

しかし今年で結婚して20年なんですね!

今でも仲がよさそうな夫婦ですが、子供はいません。

子供は作らない方針だったのでしょうか?

富永美樹さんは、以前から子供が欲しく母親になりたいと言ってきたそうです。

多くの女性はそうでしょうが、富永美樹も子供が欲しいと語っていたのですね。

しかし結婚20年にもなるのに子供がいないということは、子宝に恵まれなかったということでしょうか。

後程書きますが、現在は山梨に住んでいる富永美樹とまこと。

山梨に移住という大きな決断をしたのも、子供がいないことと関係あるようです。

富永が突然の行動に出た裏には、欲しがっていた子供が出来なかったこともあるでしょう。子供にそそぐ愛情をすべて夫に捧げたとも聞いています。

富永美樹は相当子供が欲しかったというのがわかりますね。

残念ながら、お子さんができなかったというのが真相のようです。

一部では、ヘビースモーカーのまことが不妊の原因では?とも言われているようです。

これは単なるうわさであって、本当の原因はもちろんわかりません。

また、不妊治療をしたなどの話も富永美樹は語っていません。

治療してまでは・・・と思ったのか、公表はしていないものの治療していたのか・・・

真相は語られていませんので、詳しいことはわからないままではないでしょうか。

しかし、欲しかったお子さんができなかった代わりに、旦那のまことに大きな愛情を注いでいる富永美樹。

その結果が現在の仲良し夫婦につながっているとしたら、2人が末永く仲良くいるために赤ちゃんが遠慮したのかもしれないな、などと個人的には思いたいです。

もしかしたら夫婦の中には今でも「子供が欲しかった」という気持ちがあるかもしれませんが、今の二人は幸せそうなので、そんな人生もいいのかもしれないですね。

スポンサードリンク

山梨に家がある訳

現在の富永美樹夫妻ですが、山梨に家を買って住んでいるそうです。

現在は、山梨県河口湖の山荘で田舎暮らしを楽しんでいる。

いいですね。田舎で夫婦二人水入らずでの生活は楽しいでしょうね~。

山梨の家はログハウスのような家で、まことがデザインなども手掛けたそうですよ。

こちらが山梨の家の写真です!素敵ですね!!

こんな別荘がほしいと思う人も多いのではないでしょうか?

しかし、山梨での生活は、単純に田舎暮らしがしたかったのかと思いましたが、違いました。

富永美樹の、大きな決意の表れなのだそうです。

活動再開でバラエティへの出演が増えた夫のまことは、妻の目から見ると「やっぱり、前と同じようにはいかない。現実的にそれが見えてきたときにだんだん元気がなくなってきた」と映ったとか。

まことは活動再開後、ドラマーとしてではなくタレントのようにバラエティに呼ばれることが増えたみたいです。

そんな中で、まことが日に日に元気ではなくなっていったのが心配だったのでしょう。

富永アナは、まことについて「何を目的に生きていけばいいのかを見失っていた。(家で)しゃべらない、笑わない、このままでは夫が持たないと思った」

笑うことすらなくなったまことを見て、心配だったでしょうね。

そこで、まことが元気になるにはどうしたらいいのか富永美樹は考えたそうです。

その時富永は、新婚当時に自然の中でキャンプをして笑顔になるまことを思い出し、山梨に家を買うことを決断する。

キャンプをしていた時のまことが生き生きしていたことを思い出し、田舎に住もうと決めた富永美樹!

夫の元気な姿を見るためとはいえ、なかなかできることではありません。

当時の心境をこんな風に語っています。

「夫が笑顔になる場所をつくならければいけない。清水の舞台から飛び降りる気持ちで山梨に家を建てました」

夫を救いたい、その一心だったのでしょうね。

まことはそんな富永美樹にこんな気持ちを抱いています。

そんな妻の決断に夫のまことは「いろんなものを救ってもくれたし、浄化してくれた。見失いそうなものも見つけられたし、東京にしか家がなかったら今頃何かが崩壊していたと思う。変な呪縛を解いてくれた」と妻への感謝の気持ちをつづった。

まことは相当しんどかったのでしょうね。

そしてそんなときに「山梨に家を建てる」という行動に出てくれた妻に心から感謝しているのですね。

これが、夫婦が山梨に移住した経緯です。

富永美樹は妻としても本当に素晴らしい女性ですね!!

以上、富永美樹についてでした。

最後に、富永美樹のこんな言葉を紹介しておきます。

富永アナは、波瀾万丈の生活に「色んな経験をさせてくれたから、自身の半分はまことが作ったと思っている」と愛情あふれるエピソードを語った。

こんな風に言える夫婦って素敵ですね。

大変なことがあっても、手を取り合って生きている富永美樹とまことがうらやましいです。

これからも富永美樹とまことには仲睦まじい様子を見せてほしいですね!

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)