内藤洋子の娘は喜多嶋舞だった?現在は何してるの?

女優 内藤洋子さんの現在とは!?娘が喜多嶋舞さんというのは本当!?

 

内藤洋子さんとは

4人姉妹の3番目として誕生。父は勤務医だった。
内藤家は藤原氏の庶流で、現在の静岡県浜松市の在で代々地主を務め、洋子の曽祖父の代からは医業を生業とした

小学校5年生の時に学校にエースコックのワンタンメンのCM撮影隊が訪れ、それがきっかけで雑誌『りぼん』のモデルを始めるようになり、高校在学中の1965年、黒澤明監督の『赤ひげ』でデビュー(長女・黒澤和子が『りぼん』を定期購読しており、表紙のモデルをしていた内藤に黒澤明が目を付け、オーディションを受けるよう勧めたのがきっかけであり、最終選考に残ったメンバーには酒井和歌子がいた)。
実は最後まで内藤と酒井のどちらにするのか迷い、チーフ助監督など主要スタッフ数人の投票で決めようとしたものの、同数であったために決められず、最終的には2人の写真を長男・黒澤久雄に見せた結果、久雄の選んだ内藤に決まった。

1966年、『氷点』には辻口陽子役で出演。番組が高視聴率を続けたことで、遊覧コースとして観光バスが自宅前を通過する程の事態となった(しかも「あちらに見えますのは、ドラマ『氷点』で陽子を演じている内藤洋子さんのご自宅でございます」と紹介された)。
主演の新珠三千代たっての共演だった。

恩地日出夫監督の『あこがれ』に主演し、ゴールデン・アロー賞などを獲得

歌手としても成功し、松山善三監督の『その人は昔』の挿入歌だった「白馬のルンナ」が50万枚の大ヒットとなった。

1つ年上の酒井とともに東宝から「青春スター」と呼ばれて売り出され、「永遠の美少女」と呼ばれ、内藤のほうが早く売れた。が、1969年頃からは酒井のほうが人気を博すこととなった

【若い頃の内藤洋子さん】

スポンサードリンク

若い頃もあどけない笑顔でカワイイですね。

結婚は?

1970年に音楽家の喜多嶋修さんと結婚。
喜多嶋修さんの画像がこちら!

結婚を機に内藤さんは、芸能界を引退しました!

子供は、喜多嶋舞?

内藤さんには、お子さんが3人います。
長女が女優の喜多嶋舞さんです。

可愛い~!
お母さんそっくりですね!

親子のツーショットがこちら!

あの喜多嶋舞さんの母親だったのですね。

喜多嶋舞さんと言えば・・・

過去に大沢樹生さんと【できちゃった結婚】
一人息子が産まれましたが、その後、離婚。
しかし、問題はその後・・・・

その息子の父親が大沢樹生さんではないとう衝撃の事実が!!

スポンサードリンク

大沢樹生さんは、息子さんとの血縁を確認する為、DNA鑑定を実施!!
かなりの騒動になりました!

大沢樹生氏
「自分の実子と思ってきたわけで、違う結果が出ても気持ちが急にぶれることはない。正直受け入れられないというのが本音と言えば本音だが…」としながらも、「今はちょっと離れているが、彼ともいい思い出がいっぱいある。(米国で生活したいという息子に)一度『帰ってこい』と止めたが、本人が『どうしてもやってみたい』『トライしたい』ということだったので、生半可なことではないがやれるだけやってみろとOKを出した。こういうことがあったから捨てたとか追い出したなんて、そう思われると心外だ」と

喜多嶋舞氏
「16歳の少年を巻き込むものであり、なぜ今このようなことが突然書かれるのか、非常に憤りを感じております」

裁判を行った結果、大沢さんと息子さんの親子関係は認められませんでした・・・

子供が出来た事がきっかけで結婚したにも関わらず、実は、自分の子供ではなかったというのはつらいですよね・・・

世間の声は・・・

「喜多嶋舞の件、何度聞いても恐ろしすぎる・・・結婚した相手じゃない子供を妊娠したとして、何も知らない夫はきっと産まれるときとか必死に励ましてくれていただろうに、その時、一体彼女はどんな顔をしていたのだろうか・・・」

「ああ、これ裁判になってたのか…。 いやはや、切なくなる《結論》ですな…。」

「こういう場合、子供本人はどう思ってるんだろうな。」

「この子どもが幸せになる道を探して欲しい。それが”親”の務めだろう。」

「親も父親も… とにかく子供が不憫過ぎるなぁ。」

喜多嶋舞さんの母である内藤さんの心境も複雑だったのではないでしょうか。

内藤洋子さんの現在は?

芸能界を引退している内藤さんですが、娘の喜多嶋舞さんと『徹子の部屋』に出演したことがありました。

最近では、2017年の朝ドラ『ひよっこ』になんと!
内藤洋子さんの話題が!!

『ひよっこ』内容は?

新田(岡山天音)の相棒・坪内祐二(浅香航大)が帰って来た。
「良かった」とみね子が喜ぶと、その横から身も蓋もない冷たい言い方をする早苗(シシド・カフカ)。
「ほんとに冷たい人はあんなに人のことを長く語ったりしないと思う」
「みんなとの会話を楽しんでいる。実はおしゃべり好きな人で照れ隠しで意地悪な言い方しかできない」と、要するに「ツンデレ」について冷静に解説する島谷(竹内涼真)。
たぶん島谷も同類だろう。なんとなく、早苗と島谷、お似合いな気がした。

坪内が故郷に行きっぱなしで帰ってこなかったわけを語る。
「ちょっといい話を想像してたんですが・・・」みね子がそう思って聞いていたところ、そうでもない話になってきて、でもその後、「やっといい話になってきました」(みね子)となり、合わせて悲しげな劇伴もかかる。
この調子で、何回か上げ下げが続き、そのたびに、それっぽい劇伴がかかる。
こういう笑いは、志村けんのコント番組を思わせるが、「ひよっこ」の時代は、ハナ肇とクレイジーキャッツが「シャボン玉ホリデー」で「おとっつあん、おかゆができたわよ」コントをやっていたので、同時代を描く「ひよっこ」、あえてそういうノリを取り入れているのかもしれない。

結局、坪内が東京に戻ってくるのが遅くなったわけは、「恋」だった。
その相手は、内藤洋子似と聞いて、男たちは、にやにや。
島谷までにやにやにやして、みね子は心象を悪くする。

可愛い女優さんであった事が、ドラマ『ひよっこ』から分かりますね!
このドラマがきっかけで、内藤洋子さんを検索する人も多かったようです。
最近の内藤さんもぜひ、見てみたいですね!

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)