東ちづるに子供はいるの?旦那の病気や自閉症の噂は?

今回は、東ちづるさんについて、ご紹介したいと思います。

 

東ちづるに子供はいるの?

東ちづるに子供はいない

気になるのは東ちづると夫・堀川氏の間に子供がいるかどうかですよね。
調べたところ、2人の間に子供はいないようでした。

結婚した時期も晩婚といわれる年齢だったこともあるかもしれませんね。

不妊報道などもされていません。

東ちづるさんはご結婚されているのですが、
旦那様との間にお子さんはいらっしゃらないようです。

東ちづるは事実婚状態が長かった

事実婚の期間が長く、ようやく結婚したのが2003年ですから、
その時すでに東ちづるは40代。正直子供を授かることも難しい年齢になってきています。
ですから、おそらく最初から子供については考えていなかったのかもしれませんね。

東ちづるさんと現在の旦那様は、結婚する前に何年も事実婚を続けていたそうです。
この事実婚は、東ちづるさんが結婚したかったのに出来なかった…というよりは、
お2人がそれを望んでいたようなんです。
ようやく結婚した時、東ちづるさんは40歳を過ぎていたそうなので、
最初からお子さんは望んでいらっしゃらなかったようですね。

スポンサードリンク

旦那の病気や自閉症の噂は?

※↑こちらの方が東ちづるさんの旦那様かどうかははっきりしませんでした。

東ちづるの旦那様は堀川恭資さん♡

彼女が結婚相手に選んだ男性の名前は、堀川恭資さんです。

年齢:48歳
職業:和食店経営・キャスティングコーディネーター
結婚指輪も新婚旅行もないまま夫婦生活がスタートしたが、
2009年8月にサプライズで挙式交際期間は?

8年間という長い間、お付き合いした結果、めでたくゴールインしました!

年齢は、彼女よりも、2歳年下ということで、姉さん女房ってな感じでしょうか!?

結婚指輪も新婚旅行もないまま夫婦生活がスタートしてから、
8年後にめでたくゴールインというのはかなり珍しい形だったことと思います。
東ちづるさんといえば、
元祖「結婚して欲しい女性ナンバーワン」に何年も君臨した女性です。
かなりモテたはずの東ちづるさんがこのような形をとったということは、
何か話せない理由があったのかもしれませんが、
いずれにしても、夫婦の絆は事実婚時代から深かったようですね。

入籍日は?

2003年8月28日
結婚式を開くにあたり、東ちづるさんは以下のようにコメントを残しています。

スポンサードリンク

入籍から6年遅れて挙式を挙げた。

東ちづるさんは、取材に、
「結婚っていいですよ。自由とか喜びが倍で、つらさは半分になる。」と答えた。

入籍から6年経ってから挙式を挙げるなど、やっぱりどこか普通ではない東ちづる夫妻なのですが、
仲が良いことは折り紙つきです!!

「ジストニア痙性斜頸」にかかっていることが判明

こちらの男性が東ちづるさんの旦那様ではないか?と推測しているのですが、
残念ながら、特定することはできませんでした。

2010年に、堀川恭資さんが「ジストニア痙性斜頸」にかかっていることが判明。
夫の病気を発見した時の状況について、以下のように情報があります。

異変を感じてから病名が判明するまで1年半かかった。

思うように話せず、一時は車いすも必要だった。

治療を行い、今は軽い散歩や運転もできる。

東ちづるさんの旦那様の病気が発覚してから、病名を特定するまでに1年もかかっていたなんて…、
その間は相当大変だったことと察します。

ゴルフのスイングが以前と変わったことで異変に気が付いた

「夫はそれまでもたまに右肩に違和感があるといっていたんです。

決定的だったのは、友人とゴルフに行った際、
ゴルフのスイングが以前と変わったと言われたそうです。

最初は整形外科に行きましたが、異常なしと診断されました。
いくつか病院も行きましたが、原因がわからず、
ストレスでは?と言われたり、自律神経失調症ではないかと言われたり・・・
それで神経内科の医者にかかってようやく病名が発覚したんです。」

病気なのでは?と気が付いたきっかけになったのは、
ゴルフの時のスイングに違和感を感じたからというものでした。

ジストニア痙性斜頸ってどんな病気?

局所性ジストニアの一種。

通常は25~55歳の間に起きるが、80%以上が50歳以前に発症。

《局所性ジストニア》
意思と関係なく筋肉収縮(けいれんなど)を引き起こす神経性の病気。
通常は原因不明。

ジストニア痙性斜頸は、年齢が上がる程掛かる率が上がる病気ではなく、
ほとんどの場合が50歳以前に発症するそうです。

元祖「結婚したい女性ナンバーワン」東ちづるはやっぱりいい嫁だった!!

東が明かした。

首の筋肉が緊張し、けいれんしたり左右に傾く「ジストニア痙性斜頸(けいせいしゃけい)」で、
異変を感じてから病名が判明するまで1年半かかったという。

10年夏に判明した当時は思うように話せず、一時は車いすも必要だったが、
治療を重ね、今は軽い散歩や運転もできるという。

東は「最近はだいぶよくなったし、3年ぶりに温泉に行こうって、話もしているんです」

と近況を明かしている。

一時は思うように話せず、車いすも必要だった程大変だったにも関わらず、
東ちづるさんはいつも明るく看病にあたっていたそうです。
やはり元祖「結婚したい女性ナンバーワン」だった東ちづるさんは、
現実の世界でもいい嫁だったんですね!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)