宮沢りえの娘のアロハがかわいそう?顔が可愛い!

女優 宮沢りえさんの娘さんについて調べてみました!

 

宮沢りえさんとは

11歳の頃にモデルとしてデビューし、程なくして
雑誌 『週刊セブンティーン』(当時)の表紙モデルとなった。
1987年(昭和62年)、CM『三井のリハウス』の
初代リハウスガール“白鳥麗子”役を務めて注目を集め、
トップアイドルの一人となった。

同時期から活躍していたのは後藤久美子で、
同学年ということもあって仲が良く、また良きライバル関係でもあった。
後藤とは11歳の頃、キットカットのCMで共演歴がある。

激痩せから回復して来たと見られる頃から、徐々に芸能活動を再開し、
2002年(平成14年)の『たそがれ清兵衛』で落ち着いた演技を見せ、
映画の成功以降は、女優としての活動の幅が広がり、
本格派女優としての評価が定着しつつある。
尊敬する岡本太郎が書き綴った「生きること、死ぬこと」
「夫婦愛」などの詩を朗読する活動も行っている。
柔らかなウィスパーボイスの持ち主で、ナレーション業も多く務めている。

恋多き女性を射止めた旦那さんはどんな方なんでしょうか?

結婚は?

2009年4月に一般男性と結婚
出来ちゃった結婚でした!
名前は、中津ひろゆきさんと言われています。


職業は、元プロフサーファーで、
有名なサングラスのブランド「オークリー」
責任者をしているとか。

子供も産まれ、順調かと思いきや
2012年に【離婚報道】が出て、
それから4年後に離婚が成立!!

【離婚発表の際のFAX】

スポンサードリンク



離婚後、シングルマザーとして娘さんを育てています。

子供は?

宮沢りえさんには、お子さんが1人います!

性別女の子
誕生日:2009年生まれ
年齢:8歳(小学校2年生)
名前は、アロハちゃんではないかと言われています。
珍しい名前ですよね!

名前もお子さんの顔は、公表されていませんが、
子供との写真が週刊誌に掲載されたことも。

ちなみに、宮沢りえさんの子供時代の画像がこちら!

スポンサードリンク

子供の頃から、美少女ですね!!
似ているのでしょうか?

離婚後、元旦那には娘を会わせていないという宮沢りえさん。
元義理母が語った「かわいそう」の真相とは!?

千葉市内から電車で30分の閑静な住宅街にある一戸建て。
玄関前にはきれいに花が咲いた植木鉢が置かれている。
インターホンを押すと、出てきたのは、高齢の夫婦。
白髪の夫の傍らには、鼻に酸素を取り入れるチューブをつけた妻が佇んでいた。

「幸せな期間は3年間だけだったけど、幸せな時間をくれたと思っています。
そのときに撮影した写真や動画は宝物で、今でも時々見ては主人と笑っています」

「3才から会っていないから…、会えないのは寂しいですね」

家の奥まで伸びるチューブをつけ、苦しそうに話す彼女は、
先月離婚を発表した宮沢りえの元夫Aさんの母親だ。
りえにとってはかつての義母。りえの娘にとっては祖母にあたる。

りえが元プロサーファーで実業家のAさんと
できちゃった結婚したのは2009年のこと。
しかし3年後の2012年に離婚協議中であることを発表し、
4年間に及ぶ離婚協議の末、今年3月に離婚が成立した。
2009年5月に誕生した娘は、今年の4月、小学校に入学。
でも、ランドセルを背負った孫の晴れ姿を祖父母が見ることは叶わなかった。

「もう4年近く会っていません。小学校に入ったことは知っているけれど、
写真が送られてくるわけでもないので…。
3才までのかわいい姿を見させてもらったから、
いい思い出をもらったなってプラスに考えるようにしているの」(義母)

りえにもりえの生き方がある。若いふたりで決めたことだから、仕方がない。
そう言いながらも、Aさんの話になると声が沈んだ。

「息子がかわいそうでね。3年間、一生懸命イクメンをして孫も
いちばんなついていましたから。息子なりにいろいろ考えて
運動神経を鍛えようとしたりね。会えないのはかわいそうだな、って」(義母)

りえとAさんの離婚協議が長引いた原因の1つに親権争いがあったといわれている。
慰謝料を払ってでも親権を得たいりえと、親権だけは譲らないと裁判を辞さない
Aさんの間で協議はもつれにもつれた。義母が肺を患い、
倒れたのは離婚協議中の1年前のことだという。
親権を得たのはりえとされていて、義母の話によれば、
Aさんすらも娘に会えていない状況のようだ。

「もう孫には会えないのかな…またいつか会えれば」
――老いた祖母はポツリと話すと頭を下げて玄関を閉めた。

※女性セブン2016年5月5日号

「父親である息子が娘(孫)と会えない」というのは、
母親としてはツライところかもしれません。

学校は?

宮沢りえさんの娘さんについて調べてみると
「娘学校はどこ?」と気になっている方も多いようなので
調べてみると・・・

「成城」というキーワードが出てきました!
お受験を乗り越え、無事に入学出来たようです!

ステージママに!?

かつては、宮沢りえさんの母親が「りえママ」と呼ばれ、
ステージママとして有名でしたが、宮沢りえさんにも
その片鱗が出ているというのです。

「娘との時間を絶対的に大事にしたい」というりえは、
娘を仕事先でもある舞台稽古にも連れて行っているという。

「娘は私の芝居の稽古を見に来て、演出家からこてんぱんにダメ出しを受け、
ジレンマを抱えている私の姿を目撃します。ただ、それだけでなく、
厳しい稽古を重ねた結果、本番でお客さんに大きな拍手をもらえるほど
演技で飛躍できたところまで見ることで、きっと彼女は大きな喜びの
時間に至るまでには乗り越えるべく壁が存在しているという私の思いを、
言葉でなく実感として学んでいるはずです」

りえはこれを“特権的教育”と思っていると言うが、
確かに女優の母親を持った娘の特権には違いない。
そしてさらにこのことは母娘が密着し、同じ時間を過ごすという以上の
意味さえあるのではと思えるものだ。

それは娘を自分と同じ女優にするための英才教育ではないかというものだ。
実際、りえはそれを否定してはいない。

記事ではインタビュアーから「もし、娘さんが俳優になりたいと言ったら」
と質問を受けたと思われるくだりがある。
それに対し、りえ自身がまだ俳優として突き詰めたいし娘のために
退くことはできないとして、こんなことを言っている。

「母が私にしてくれたことは絶対にできないでしょう」
「だたひとつ母と同じことができるとしたら、中途半端だったら叱ること。
俳優にしても他の何かにしても、自分の夢に対しては、
心底エネルギーを注いでほしいですね」

俳優だけとは限定していないものの、
しかしその溢れ出る意欲は十分に伝わってくる。

娘さんも女優の道に進む可能性もあるかも!?しれませんね!

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)