宮本信子の息子で次男は俳優なの?夫の伊丹十三との馴れ初めは?

今回は、宮本信子さんについて、ご紹介したいと思います。

 

宮本信子の息子で次男は俳優なの?

子供の頃に伊丹十三監督の『タンポポ』に出演

宮本信子さんと伊丹十三さんの次男は池内万平さんといいます。

子供の頃に伊丹十三監督の『タンポポ』に出演しましたが、母親の宮本信子さんによると、
「助監督に怒鳴られすぎたのか芸能界に興味がない」とのこと。

現在は「伊丹十三記念館」の評議員に名を連ね、
また伊丹プロダクションの取締役をなさるなど、
完全に裏方に回っているようですね。

池内万平さんの画像を見つけようと探してみましたが、
残念ながら、画像だけでなく、詳細情報等もほとんど公開されておらず、
最終的には見つけることができませんでした。

子供の頃にお父さんの映画「タンポポ」に出演されたそうですが、
助監督が相当怖かったようで、それで芸能界には興味がなくなり、
情報も出ていないのかもしれませんね。

現在次男は伊丹プロダクション取締役に

次男の万平さんは、以前までは映画『タンポポ』に出演するなど、
俳優活動をしていたようですが、
現在は伊丹十三記念館のお手伝いなどをしているようです。

スポンサードリンク

伊丹十三記念館のサイトには評議員として、
職業は(株)伊丹プロダクション取締役となっているようです。

弟さんは、芸能界から離れ一般の方になられたんでしょうね。

芸能界には興味のなくなった次男の池内万平さんは、
現在(株)伊丹プロダクション取締役になっているそうです。
肩書は取締役のようですが、実際は伊丹十三記念館のお手伝いなどをしているそうですよ。

夫の伊丹十三との馴れ初めは?

二人の馴れ初めや出会いについてみていきましょう。

2人の出会いは映画「日本春歌考」で共演したことだった!!

伊丹さんと宮本さんの出会いは、大島渚監督の1967年の映画、
「日本春歌考」で共演したことでした!
宮本さんとの結婚の前に川喜多和子さんと離婚。
1969年に12歳年上の映画監督・伊丹十三さんと結婚。宮本さんとは再婚でした。
宮本信子さんと伊丹十三さんの夫婦のイメージが強すぎて、
宮本信子さんの前にもう1人奥さんがいたということを全く知りませんでした。

当時の伊丹十三さんは映画監督ではなく、俳優・イラストレーター・、
デザイナー・エッセイストなどをこなすマルチタレントでした。

結婚後、2男をもうけ、宮本信子さんの子育てが一段落した1984年に、
映画『お葬式』を公開し、映画監督デビューを果たします。

スポンサードリンク

伊丹十三さんが最初から映画監督をしていたわけではなかったことにも驚きです。
昔は、俳優、エッセイストをしていた・・・ここら辺までは想像の範囲でしたが、
デザイナーやイラストレーターまでしていたなんて、
そんなマルチな才能が、あの衝撃的な映画「マルサの女」や「あげまん」を、
作るきっかけになったのかもしれません。

『お葬式』は宮本信子さんが初めて主演した映画ですが、伊丹十三さんによると、
「妻はいい女優なのに、なかなか主役の話が来ない。
ならば彼女を主役にした映画を自分で撮ってしまえば良い」

という動機で撮った映画なのだそうです。そのような理由で撮れてしまうところが、
伊丹十三さんの才人ぶりをよく表しています。

妻はいい女優なのに、中々主役の話がこない、
だったら俺が映画監督で、妻が主役の映画を作ってやろう!!なんて、
ロマンティックは話ですよね♡
その映画がこれまた大ヒットするなんて、そこがまたかっこいいんです!!

この映画は伊丹十三さんの51歳での初監督作品ですが、国内で高い評価を受け、
日本アカデミー賞や芸術選奨新人賞など30を超える賞を受賞。

宮本信子さんはこの作品でブレイクし、さらに続く『マルサの女』で大ブレイクを果たします。

初めて映画「お葬式」を見た時、思わず、食べていたみかんを床に落としてしまう程、
衝撃を受けたのを覚えています。
人の死をリアルに表現しながらもコミカルに描く、
一歩間違えれば大不評の嵐になったはずですが、
これが大ウケしてしまうんですから、伊丹十三監督はやっぱり凄い!!
鬼才という言葉がとても良く似合う夫婦だと思います。

マルサの女も、これまたお葬式とは違った面白さがあって、
主役の宮本信子さん始め、わき役人も本当にいい演技をされているんですよね。
こういう映画、また誰かに作って欲しいものですね。

以後、伊丹十三監督は『あげまん』『ミンボーの女』『マルタイの女』など数々の話題作を上梓し、
また妻の宮本信子さんはそのすべての作品に出演。
公私共に強い絆で結ばれ、芸能界きってのおしどり夫婦として有名でした。

妻である宮本信子さんは、伊丹十三監督作品、すべてに出演されたんだそう。
夫も凄い、妻も凄い・・・、
その才能が同じ方向を向いていたということも凄かったのだと思います。

伊丹十三さんの死因について様々な憶測が飛び交っていた

しかし1997年12月20日、伊丹十三さんは伊丹プロダクションのあるマンション下で、
遺体となって発見され、その結婚生活は唐突に終焉を迎えます。

この伊丹十三さんの唐突の死は様々な憶測を呼び、死の直前の不倫報道のためとも、
暴力団に力づくで飛び降りを強要されたとも言われましたが、
結局警察は死因を「自殺」と断定しています。

宮本信子さんは、伊丹十三さんとの死別後、ジャズシンガーとしての活動を開始し、
2005年にはライブ・アルバムもリリースしています。

警察の発表は「自殺」ということになっていますが、
死後は様々な憶測が飛び交う程、不倫・暴力団・・・と、
伊丹十三監督の背景には危ないものが影を潜めていたのです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)