香川京子の息子は東大出身の秀才なの?気になる夫は誰?

今回は、香川京子さんについて、ご紹介したいと思います。

 

香川京子の息子は東大出身の秀才なの?

お子さんはどんな人なのでしょうか。

現在はゴミ屋敷の住民!?

香川京子は、1931年生まれで85歳。
最近でも、年に1本は映画やテレビに出演しているベテラン女優です。
子育てが落ち着いてから女優に復帰すると、現代に至るまで、
コンスタントに活動を続けてきた香川京子。

85歳という年齢ながら常にその美貌が話題となってきた香川京子さん、
そんな彼女に突如「香川京子がゴミ屋敷の主だった」という噂が流れるのです。
真相はどうなんだ!?と調べてみると、

2014年、深田恭子主演のドラマ「サイレント・プア」で、
ゴミ屋敷の住人を演じた香川京子。
その後、香川京子自身がゴミ屋敷の主だったというフェイクニュースが広がったのも、
いまだ衰えることのない美しさとのギャップが原因だったに違いありません。

2014年にドラマ「サイレント・プア」で演じた役がゴミ屋敷の住人だった、
だけということでした。全く人騒がせな噂ですね!

息子は東大出のエリートだった!!

人気の絶頂期の1963年に、新聞記者と結婚した香川京子は、
夫の仕事の都合で、3年間をニューヨークで過ごし、映画の世界から離れたことも。
子供は1男1女に恵まれ、息子は、麻布高校から、東大を出たそうです。

スポンサードリンク

美人女優と新聞記者との結婚は当時も今も少し珍しい組み合わせです。
結婚後3年間はニューヨークに渡る香川京子さんですが、
その時お生まれになった長男は東大出のエリートになっていたんです。

その当時アメリカでは、一人暮らしの老人が多かったことに
ビックリしたそうですが、現在の日本でも
同じような状況になっていることを感じているそうです。

3年間という短い間ではあったものの、ニューヨークで暮らしたご経験は、
その後のご子息への教育や香川京子さん自身に、多大な影響を与えたことが推測できます。

東京のお坊ちゃま高校出身でもあった!?

麻布高校から東大に行かれたとかいう話です。
香川さん自身も都立の女学校出身で入るのもなかなか大変な優秀な学校だったみたいですね。

麻布高校といえば、東京の名門高校です。
麻布という土地柄、おしゃれでリッチなご子息だったのではないでしょうか!

香川京子さん自身も才女だった!?

優秀なのは息子さんだけではありませんでした。

香川京子さんも、都立の女学校を出ています。
東京府だったので、「府立 高女(高等女学校)」と言われていた時代ですが、
入るのなかなか大変で優秀な学校だったそうです。

香川京子さんの息子さんは、
お母さん譲りの芸術的センスと頭脳を併せ持った方に違いありません!!

スポンサードリンク

結論、「香川京子の息子は東大出身の秀才なの?」という噂は本当でした!!

気になる夫は誰?

旦那さんはどんな方なのでしょうか。

香川京子さんの夫はどんな人?

往年の美人女優を射止めた人、香川京子さんの旦那様はどんな人なのかというと、

新聞記者であるご主人と子どもさんたちについての噂はとても少ないのです。

どうやら旦那様は新聞記者だということは分かったのですが、
それ以上の情報は中々出てきません。それでもなんとか情報を探したところ、

香川京子は1963年、読売新聞の連載記事の写真モデルになった縁で記者・牧野拓司と結婚した。

ということが分かりました。
香川京子さんは読売新聞の連載記事のモデルをした時に、
現場にいた牧野拓司さんと出会ってしまうのです。

2013年には結婚50周年

女優業を長く続ける人の中には、未婚で生涯を終える人、
離婚を経験する人がたくさんいらっしゃいます。
その中で香川京子さんはどういう人生を歩んだのか?というと、

香川さん夫妻は、2013年には結婚50周年を迎えています。

女優としての成功、愛する旦那様、可愛い子供たち・・・、
女として欲しいもの全てを手に入れることになるのです!!

大女優さんで仕事に恵まれてる方は だいたい普通の幸せは掴んでませんが、

香川さんは 両方手に入れてます、

ラッキーだけじゃない ご自身の努力が大きかったのではと 想像します!!

そう、全てを手に入れるのはそう簡単ではありません。
女優として成功した後でも、地に足のついた生活を送られてきたこと、
驕ることなく謙虚に周囲と向き合ってきたことが、
このような女性としての幸せを全て手にする結果になったのだと思われます。

17歳で芸能界入しますが、映画会社所属から
フリーに転身したことで、数多くの名監督の作品に出演することができました。

フリーであるために、そのたびごとに監督やスタッフが
新しくなるため、苦労も多かったそうです。

またその時代は、映画製作のうえで監督が言うことは、
絶対だったのでとても非常に厳しかったそうです。

フリーランスといえば、現代では当たり前の働き方の一つですが、
今から68年前となれば、とても斬新な決断だったのではないでしょうか!

日本の女性が本当に憧れるべき存在は香川京子さんのような女性なのかもしれません。

歳を重ねても、ますます魅力ある香川さん、
これからもたくさんの作品に出続けて欲しいです!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)