伊丹十三の息子の次男は池内万作?嫁さんの画像。

今回は伊丹十三さんについて紹介していきましょう。

 

息子は?

伊丹十三は女優の宮本信子と結婚。長男の名前は池内万作(俳優)。次男は池内万平。

画像は長男の池内万作さんです。少し影がありそうな感じで男前ですね。

池内万作さんの弟である次男池内万平さんは以前俳優としてお父さんの作品「タンポポ」に出演していましたが、今は俳優をされていないみたいです。

エキストラ出演のような感じだったのでしょうか。

写真も出回っていないようなので、もう一般人になられたようですね。

長男の出演作品は?

夢暦長崎奉行(1996年) – 彭城大次郎
◎連続テレビ小説◎
あぐり(1997年) – 福沢南
どんど晴れ(2007年) – 西田一敏
花へんろ(1997年)
◎大河ドラマ◎
利家とまつ〜加賀百万石物語〜(2002年) – 豊臣秀次
龍馬伝(2010年) – 三条実美
茂七の事件簿 新ふしぎ草紙(2002年) – 新吉
風子のラーメン(2003年) – 藤島悟郎
ミニモニ。でブレーメンの音楽隊(2004年) – 熊谷正道
感染爆発〜パンデミック・フルー(2008年)
鎌倉河岸捕物控(2010年) – 市川金之丞
日本のいちばん長い夏(2010年) – 半藤一利
新選組血風録(2011年) – 大高忠兵衛
恋愛検定(2012年) – 池脇裕作
妻たちの新幹線(2014年) – 松平精作
銀漢の賦(2015年) – 松平定信
美女と男子(2015年) – 華本清志
デザイナーベイビー – 速水刑事、産休前の難事件 -(2015年) – 近森博
最後のレストラン(2016年) – 坂本龍馬

これはNHKドラマの出演作品ですが、NHKだけでもこれだけの本数に出演されています。その他にも民放のドラマや映画にもかなりの数出演されています。
間違いなく日本を代表する俳優と言っても過言ではないでしょう。

嫁は?

スポンサードリンク

仲の良い両親を見て育ったであろう池内さん。

自身は昨年(2016年)5月4日に入籍されました。

お相手の女性は、ミュージシャンでWEB音楽番組『MUSIC SHARE』の代表も務める本田みちよさん。

京都府出身で、万作さんより一つ年下の43歳です。

10歳から京都市少年合唱団に在籍し、音楽の基礎を学び音楽を愛した本田さん。

ボーイソプラノのような透明感のある歌声と自然体な表現力が魅力のシンガーソングライターです。

43歳とは思えないような可愛い顔立ちの妻ですね。

馴れ初めは音楽番組「MUSIC SHARE」に池内万作さんも関わっていたらしいので、そこからのようですね。

MUSIC SHAREは、活動がじわじわと広がっており、企業や大学や公共施設と契約する際に実体のない団体では契約出来ないという場面もあり、2016年3月8日、本田みちよ(代表)と池内万作(理事)で、一般社団法人 MUSIC SHAREを設立いたしました。

とはいえ資本金もなく、7万円という高額な法人税を毎年自腹で払わなくてはならないということを設立後に知り、ビックリしたのですが、よくよく考えると夫婦で毎日200円ずつ貯金をすれば良いので、仲良く楽しく暮らしながら貯金していきたいと思います(笑)

特に何かが劇的に変わるということは御座いませんが、夫婦で一緒に出来ることを、これからたくさんやっていきたいと思っています。

結婚発表時の本田みちよさんのコメントですが、なんだかかわいい奥さんですね。ほっこりとするような夫婦関係を想像することができます。ぜひ幸せになってほしいものです。

伊勢十三の死因は?

映画監督の伊丹十三が1997年12月20日事務所マンションから転落死したという一報が、芸能界を震撼させました。

当初、その死にあたって流布されたのは26歳OLとの不倫や、S◯クラブ通いが、写真週刊誌「フラッシュ」に掲載されることに対して「死をもって潔白を証明する」というワープロ書きの遺書が残されていたという話。

スポンサードリンク

しかし字幕タイトルの文字1つにもこだわる伊丹十三が、ワープロのつたない遺書を残すはずがない。

そもそも、たかが浮気だけで自殺するのも彼らしくないという、身近な友人などからの疑問が数多く上がったからです。

それでは真相はどうなっているのか?伊丹十三さんの死の背景には宗教や後藤組という暴力団が関わっているともいわれています。

転落死後の司法解剖の結果、伊丹は、すきっ腹にヘネシーをボトル1本、飲んでいる。

血液中のアルコール濃度及び残留量の分析の結果、短時間で体内に入ったものと推定される。

度数40度のへネシーブランデー1本を短時間で飲み干し、したたかに酩酊した人間が、一人で階段を登り、「争った跡が無く」、さもしらふのように静かにフェンスを乗り越え、ビルの屋上から落下したのである。

ものすごく不自然な感じがしませんか?もちろん防犯カメラなどは設置していたはずなのでしょうが、自殺と報道されているあたり犯人らしい人は見当たらなかったのでしょう。

創価学会と後藤組の関係とは?

暴力団後藤元組長の著書「憚りながら」発売と同時に創価学会が買い占めている著書です。

なぜ創価学会が買い占めているのか?

創価憎しの健全なる日本人には、やっと明らかになってひとつほっとした気分に感じているのではないだろうか。

久しぶりに創価学会が暗殺を暴力団を利用してこれまで散々してきたことが公になりうれしいかぎりです。

買占めはこういう理由からです。

つまり、創価学会は暴力団を使って都合の悪い人間を消していたという内容です。

創価学会による画伯暗殺依頼を後藤組の後藤忠政元組長にしたのは創価学会員であり元公明党最高顧問で公明文化協会の理事を現在務めている藤井富雄だと書かれてある。

元組長が言う事なので、信憑性は極めて高いと思われるのですが、真実は分かりません。

なぜ創価学会に狙われる?

日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した『マルサの女』。

このマルサの女は、マルサ(国税局査察部)に勤務する女性査察官と、脱税者(パチンコ店や巨大な宗教団体)との戦いをコミカルかつシニカルに描いた内容でしたが、パチンコ店や巨大な宗教団体といえば、現在日本に存在している害悪の代表です。

当時このマルサの女を公開する時も、宗教団体等から相当な圧力がかかったそうです。その後も、暴力団をテーマにした『ミンボーの女』他、次々とヒット作を出してましたが、突然の自殺報道。

実は伊丹監督の死亡前の次回作はなんと、あのカルト団体創価学会を追求する映画だったそうです。

こういったことから、この映画を公開させまいと創価学会が後藤組に伊丹十三さんの暗殺を依頼したのではないかという憶測がされています。これが事実だとしても公にでることはまずないと思いますが。

しかし、創価学会だけではなく、暴力団や右翼を題材にした作品も公開されていますので、敵はかなり多かったみたいですね。

宮本信子さんは?

妻宮本信子さんの画像です。

宮本信子さんは、伊丹十三さんの自殺についてどう思っているのでしょうか?

宮本信子は2002年12月20日。

「感謝の会」における挨拶では「本人が決めたことですから仕方がないですけれども」と語った。

26歳OLとの不倫やS◯クラブ通いのことはどう思っているのでしょうか?今でも許せず憎んでいるのでしょうか?本当の気持ちは分かりません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)